第1章【ゆうべる下剋上物語】スロットで年間50万負け~2年半でプラス1000万まで這い上がった物語
第2章 バイト代の5倍稼げるスロットに興味を持った学生時代
第3章 まだ大丈夫だよ…から詐欺教材まで購入。仲間・信用・お金まで失い、どん底まで叩き落される(今ココ)
第4章 どん底からスロプロへ…人生で一番のターニングポイント
第5章 スロットで自由に稼ぎだす力を得て、さらなるステージへ…

とうとう待ちに待った
運命の3日後がやってきた。

これほど3日間が長く感じるのは
まるで修学旅行に行く前のような気持ち。

楽しみが多ければ多いほど
1日1日が長く感じる、

そんな感覚でした。

先輩と合流し、
先輩の車で近所のパチンコ屋さんに入店。

人生初のパチンコ屋は衝撃だった

人生初のパチンコ屋は
まさに衝撃だった。

爆音とともに
ガヤガヤと活気のある店内。

「58番台!当り開始しました!」

という威勢のいい店内放送。

くわえタバコをしながら、
嬉しそうにメダルをドル箱に移している人。

勝利を祝っているかのごとく、
レインボーに光る筐体…

どれを見ても新鮮で衝撃的だった。

僕が活気に圧倒されていると、
耳元で先輩が、

先輩
「あっちにスロットがあるから、行くぞ!」

言われるがままについていくと、
そこには人生初のスロットマシーンが。

当時、4号機最後の
北斗や番長などがあった時代です。

「俺の横で打とう」

そう先輩に言われ、
言われるがまま台に着席。

その台は4号機の番長でした。

隣に先輩がいるので、

・メダルの借り方
・台の打ち方
・ボーナスが当たったときどうするか

などなど…

手取り足取り教えてもらいました。

メダルを持って投入口に入れ
レバーを叩きボタンを押す。

今では当たり前のことですが
当時は何をやるのも新鮮でした。

先輩は優しく教えてくれたので
スロットのやり方は
すんなり頭に入ってきたのですが、

ただひとつ問題が…

すでにノーボーナスで
1万円無くなっている…

今はスロットを打ちなれているから
1万はあまりなんとも思いませんが、

当時は1万といえば
バイト代の12.5時間分。

約2.5日分です。

なんていうんですかね…

もう不安しかないという感じ。

「この1万返ってくるんですねよね?ねぇ!」

と、心の中で先輩に問いかけています。

先輩はもぞもぞしている僕をみて

「まだ大丈夫だよ」

そう僕の言ってくれました。

しかし僕の気持ちは
不安よりも焦りしかない。

どうなる、どうなるのか…

僕の2.5日分のバイト代は
本当に返ってくるのか…

パチンコ屋に入る前は
お金が絶対に増えると思っていたけど、

実際にお金が減り始めると
増えることよりも減っていく方が
精神的にきつかったです。

1万円返ってこい!

1万円返ってこい!

心の中で唱えているけど…

1万円返ってくるどころか、
追加投資の2万円目もなくなってしまう…

本当に大丈夫なのか…

財布に念のために3万円いれてきましたが、
残りはたったの1万円…

入店して1時間も経ってないのに
約5日分のバイト代が消える現象が
目の前にはありました…

本当に…大丈夫ですか…?

「先輩…このまま打っていいんですか?」

つい僕の口から我慢していた不安要素が
ぽろっと出てしまいました。

すると先輩は

先輩
「まだ大丈夫だよ」

こっちを見ながら僕の背中をさすり、
そのような言葉をかけてくれました。

もう信じるしかない。

最後の1万円をサンドに突っ込みます。

もはやこのときは
お金がお金に見えないというか…

物を買っていないのに
ここまでのスピードでお金が消えるのは
体験したことなかったので

少し感覚がマヒしていたんだと思います。

そして残り2000円になったところで
たまたまボーナスに当選しましたが
単発終了してそのまま飲まれて終わりました。

帰りの車の中で先輩から、

「俺も負ける時あるからな!」

と、バイト代をほぼ失った僕には
あまり効果のないフォローをしてくれ
パチンコ屋を去ったのでした。

よく、始めて打つスロットは

「ビギナーズラックで勝てる」

なんて聞いたことありますが
僕の初めてのスロットは、
負けるところから始まったのです。

貯金にも手を出し始める

その後も、負けることが多いけど、
お金が減った感覚がマヒしているので
先輩と一緒にパチンコ屋に行きました。

もちろん、たまに勝つこともあるけど
ほぼ毎回負ける状態。

暇さえあれば時間を作って
一人でもパチンコ屋に行く始末。

たぶん、このころは
毎月4~5万は最低でも負けていました。

もちろん、バイトをしている目的の
マイカーを購入するという夢
どこか遠くに消え去り、

せっかく貯めていた貯金も
あっという間になくなります。

とうとう酒屋のバイトだけでは
スロットが打てないことに気づき、

「酒屋はバイト代が少ない!
 俺はもっと高時給のところで働く!」

スロットを打って負けたせいで
自分のせいでお金がないのに
酒屋のバイト代が安いとケチつけ

高校生のときからお世話になっていた
酒屋を逃げるようにやめました。

もちろん次のバイト先は
高時給のパチンコ屋。

時給がいいのもあったけど
スロットが見れる、
ってのも大きな理由でした。

パチンコ屋で働くとうずうずする

「おい兄ちゃん!メダル交換してくれ!」

バイト中はお客さんのメダルを交換するのが
仕事内容です。

でもお客のドル箱を見ていたり、
嬉しそうな顔をして換金しているのを見ると、

「俺もたくさんメダル出したい!」

「俺もスロットで勝ってお金を得たい!」

そう思うようになりました。

しかし、酒屋時代のときよりも
常にスロット・パチンコがある環境なので
時間のあるたびにパチンコ屋に足を運ぶ日々。

挙句の果てには
バイト前にスロットを打ち、
連チャンするとバイト先に遅刻の連絡をして
平然とスロットを打ち続けます。

だんだんパチンコ屋のバイト代だけでも
苦しい生活になり、

遅刻するくせに
バイトの日数を増やします。

もちろんバイトばかりしているので
友人などと遊ぶ暇もありません。

「ゆうべる、今日のみに行かない?」

そういわれても、

お金もない、

バイトで忙しい、

この2つのキーワードを常に使い、
だんだんと友人からも誘いの電話が
かかってこなくなりました。

スロットで勝ちたい、

スロットで勝ちたい、

朝起きても、
学校に行っても、
バイト中も、
お風呂に入っているときも、
寝る前も…

常に頭の中から

スロットで勝ちたい、

というフレーズが離れない状態。

そんなある日、
僕は衝撃のものを発見したのです。

ボーナス誘発打法と出会う

ある日、
パソコンでヤフーオークションを
見ていると1つ気になるものが。

パチスロボーナス誘発打法、
という怪しい商品。

なにやら商品内容を見てみると、

・この打法をすれば50G以内に連チャン確定!

・当たりすぎてビックリします!

・パチスロも機械なのでコマンドがあります!

・あなたもパチスロで大富豪!

・・・。

・・・・・。

今思うと笑いが出るくらい
怪しい商品ですが、

当時の僕は”これだっ!!!”と思い、
家中のお金をかき集めて購入しました。

商品をもらい、
いざ中身を見てみると・・・。

【パチスロボーナス誘発打法】

1. クレジットを〇〇枚にする

2. 3枚掛けでクレジット内を消化

3. クレジット0から〇枚投入
⇒リールから回し

4. リールが勝手に止まるのを待つ

5. セット完了。

50G以内にボーナスを誘発

「こ、これはすごい!絶対に勝てる!」

頭に100万ボルトを受けたような衝撃が走り、
僕は稼ぎたくてうずうずしていました。

「もうこれで一生安泰だ!」

なんて思ってしまう始末でしたからね。

ただ、ボーナス誘発打法の教材を購入したので
手元にお金がなかったので、
すぐには実践できませんでした。

でも、その分楽しみも倍増します。

「これさえあれば大丈夫」

「これさえあればもう負けない」

数週間後にはバイトの給料が入り、

しっかり脳みそに
セット打法をたたき込み、
鼻息を荒くしていざホールへ…

セット打法を実践した結果

「今日の俺はいつもと違うぜ!」

鼻息を荒くして
稼ぐ気満々で入店した僕でしたが、
ぶっちゃけ僕は小心ものです。

「ボーナス誘発打法がすごすぎて
店員に怪しまれるのではないか?」

と心のなかでは
かなり心配している始末。

「や、やっぱりやめようかな」

なんて思いましたが、

なけなしのお金で
買ってしまったので、
もう後には引けない…

もうやるしかない。

そして実践を開始し、
1~3までのセット方は
割と簡単にできました。

が、

4の「リールを回して席を離れる」が
あまりにも挙動不審すぎる・・・。

どうしよう…
どうしよう…

自分の中の天使と悪魔と葛藤しながら、

「勝つためにはこれしかない!」

結局悪魔の方が勝ち、
ドキドキしながら席を立ちました。

トイレに行って汗ばんだ手を洗い、

「もし戻った時に店員がいたらどうしよう」

ぶつぶつと心の中で
考えていましたが、

決心を決め
トイレを出て席に戻ることに。

トイレと自分の台の距離は
歩いて5秒ほどの場所でしたが、

トイレから出る足取りは
一歩一歩がいつもより重く感じます。

そしてリールを回転させて数分後、
席に戻ってみるとリールは停止状態に。

「よし!セット打法完了だ!!!」

心のなかではガッツポーズを決め、

「あとは50G以内に
連チャンするのを待つだけ♪」

頭の中はお花畑状態で
ルンルンでボーナスを待っていました。

が、

運命の50Gをあっさりと超える。

「あれ?セット打法の入力を間違えたかな?」

そう思い、もう一度再セット。

だがボーナスは当たらない。

もう一度再セット。

当たらない(泣)

やられた・・・

ここで騙されたことに
ようやく気づきました。

なんとなく分かっていた。

分かったいたんです。

こんな甘いことが
ネットオークションで売られてるなんて
おかしいと思っていたんです。

でも藁にもすがる思いで
購入した詐欺教材…

スロットでも負けるし、
詐欺教材代も払ったし…

ダブルパンチの支払いで
お金は底をついてしまいました。

バイトに本気を出す

財布の中には
常に1000円を切っている状態。

まずはこの現状を変えるために
バイトの時間を延ばしてみることにしました。

すると給料日にはバイト代がグッと増え、
給料日後の数日間は生活は安定します。

しかし、すぐにパチンコ屋に行き、
またもやスロットを打ってしまい、

給料日まで残り2週間以上あっても
残りは5000円以下の状態が続きます。

このときは、バイトとスロットのし過ぎで
学校にもだんだんと行かなくなりました。

バイトも夜遅くまで働くので
どうしても次の日朝から辛くて学校にいけない。

学校に行かないから
出席日数が足りない。

学校の先生からは

先生
「ゆうべる、このままだと留年だよ…」

バイトしないとお金がない、
そうなると学校に行く時間がない。

学校に行くと
バイトに行けないからお金がない。

どちらを選んでも地獄のような気がして
どっちつかずの状態。

でも、この根本の原因が

スロットで負けていたことが原因、

ということは当時は分からず
本当に悩みました。

学校では

「ゆうべる、このままだと留年だよ…」

友人からは、

「ゆうべる、最近付き合い悪いぞ…」

バイト先からは、

「ゆうべる、また遅刻か…あいつだけは…」

元バイト先(酒屋)からは、

「ゆうべる、ウチやめるんだね…」

僕の頭のなかでぐるぐると
そのような会話がフラッシュバックされました。

スロットで負けたせいで
大切な人との縁も切れてしまい
色々と失ってしまいましたからね…

分かってる、
分かってるんだ。

頭ではわかっているけど
気が付いたらスロットの前にいる自分がいる。

でもどこから歯車が狂い始めたか
僕にはわからない。

もういい。
考えたくもない。

そして残り少ない1000円札を
気合を入れてサンドに
突っ込もうとした瞬間…
↓↓↓
どん底からスロプロへ…人生で一番のターニングポイントへ続く