マインド

スロットで稼ぎ続ける人の3つの特徴とは?

ゆうべる
ゆうべる
こんにちは、ゆうべるです。

スロットで12年以上稼ぎ続けているスロプロです。

先日このようなツイートをしました。

僕はこれまでに100人以上スロット専業の人を見てきました。

僕が思うスロットで稼ぎ続けている人の特徴は、

①時代に対応している
②環境に対応している
③プライドを捨てる

です。

この3つのうちどれか1つでも欠けていると一瞬稼いでもすぐに消えてしまいます😅

今回は稼いでいる人ではなくて、
稼ぎ続けている人というテーマです。

短期間で稼いで消える人ではなく、
1年も2年も稼ぎ続けるには
意識しておくべきことがあるので解説します。

稼ぎ続ける人の3つの特徴

稼ぎ続ける人の3つの特徴は、

①時代に対応している
②環境に対応している
③プライドを捨てることができる

になります。

今の時代に対応して、
住んでいる環境に対応して、
プライドを捨てて取り組む、ということです。

深掘りして解説します。

時代に対応している

1つ目は時代に対応することです。

わかりやすく言うと、
5号機とか6号機とかの
○号機のことですね^^

スロットの根本は変わっていませんが、
その時代によって

ノーマルタイプが流行ったり、
AT機が流行ったり、
天井狙いが流行ったり、
設定狙いが流行ったり、
バジリスクが流行ったり、
番長が流行ったり…

時代によって流行りとか
お店に出回る機種の特定は変化します。

その時代ごとに稼ぐ方法というのは違います。

天井狙いが流行る時代もあれば
設定狙いが流行る時代もあります。

根本は期待値を稼ぐことは一緒ですが、
その期待値の稼ぎ方が
時代によって変化するのです。

そのため時代が変化すると、
僕らは時代に合わせた稼ぎ方に
対応をしていく必要があります。

理由としては、
パチンコ業界よりも僕らの方が
上下関係としては下にいる方ですね。

例えばお店が導入する機種や
メーカーが発売する機種や
スロットに関する規制は
僕らではどうにもすることができません。

導入する機種はお店が決めるし、
発売する機種もメーカーが決めるし、
規制も業界の人が決めます。

よって決められたルールの上で
僕らは稼ぐ必要があるので、
その時代でもっとも稼げる方法に
僕らが合わせていくしかありません。

環境に対応する

2つ目は環境に対応することです。

その時代の変化に対応できても、
自分が住んでいる地域の環境に対応できないと
稼ぐことはできません。

例えば等価と非等価がある地域では、
非等価のお店の方が等価のお店よりも、
多く高設定を使っていたりします。

それなら等価のお店よりも
非等価のお店に行った方が
高設定を打って稼ぐことができます。

他にも田舎の地域だと
天井狙いをするライバルがいないから
大ハマり台が今でもガンガン打てたりします。

(少し前に愛媛県に行きましたが、かなり緩かったです)
(沖縄県もかなり緩いです)

田舎は稼げるのか?という記事も書いたので、
こちらからご参考に^^

田舎ではスロット勝てないのか?【30年田舎に住んでいたスロプロが解説】田舎ではスロットで勝てないのか?という疑問にスロプロゆうべるがお答えします。田舎でのお店の選び方、勝ち方も解説するので、田舎に住んでいるスロット初心者の方もぜひ参考にしてください。...

よって、住んでいる環境や
お店の状況やライバルの状況に
対応していく必要があります。

引っ越しとかをして
あなたの地域が変わることがない限りは、
その地域の環境に
対応していく必要があります。

プライドを捨てる

3つ目はプライドを捨てることです。

これまでに時代が変化すれば
その時代で稼げる方法に対応して、

住んでいる地域で
もっとも稼げる方法に対応する、
とお伝えしてきました。

しかし、それはすべて
自分のプライドを一度捨てる必要があります。

プライドを捨てることができない人は、
頑固で自分の意見を変えることができません。

頑固であればあるほどプライドも高く、
自分の意見や狙い方が
誰よりも素晴らしいものだと自信を持ちます。

自信があるものだから、
周囲の話も話半分で聞いてしまいます。

もちろんある程度は
自分のプライドも必要です。

向上心やプロ意識といった、
ポジティブなプライドは捨てなくてOKです。

しかし、プライドには

「保つべきプライド」

「捨てるべきプライド」

の2つがあります。

捨てるべきプライドは、

・自分の失敗を認めない意地

・自分よりも稼いでいる人の意見を聞かない

・自分を過信しすぎない

というものは捨てるべきです。

ここまでにスロットで
稼ぎ続ける人の特徴を書きましたが、

もしこれを読んでいるあなたが
今スロットで負けているなら、

「なるほど、そういう意見もあるのね。でも俺は誰も信用してないから自分の思う狙い方をして勝つ」

なんて思うプライドは
捨ててしまいましょう、ということです。

持つべきプライドについては、
こちらの記事で超詳しく解説しました。

スロットで勝つ上での本物のプライドとは?結果を出してる人からはプライドを捨てて学びましょうスロットで勝つ上での本物のプライドについて解説しました。...

独自の理論を作るのは良いですが、
まずはスロットで年間100万でも200万でも
勝てるようになってから、
独自の理論を試すようにしましょう。

3つに注意して稼ぎ続けましょう

以上が、稼ぐ人ではなく、
スロットで稼ぎ続ける人の特徴でした。

スロットで稼ぎ続けるには、
我流の狙い方は捨てて、

プライドを捨てて
その時代と今の環境に対応をしていきましょう。

他にもこの記事と一緒に読むと、
より理解ができる記事を紹介するので、
読んでみてください。

スロット期待値稼働は野心を持てばめちゃくちゃ楽しくなる。野心を持ちましょう。 先日このようなツイートをしました。 欲望まみれでいいんですよ。 高望みしまくりでもいいんですよ。 僕がスロットで勝ちたかった...
資格を取るよりスロットで稼ぐ方が良くない?そのほうが将来性あるという話 先日、地元の友達と半年ぶりに電話して、 近況報告をしあいました。 そのときに 「スロットで稼ぐ方が良くない?」 と思う...

それではまた〜!

スロット初心者が副業で月10万勝てる教科書【全3部作】を読めます

僕は学生の頃からスロットで2000万ほど稼いでいます。


才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。


ごく普通の一般家庭に生まれて、
学力も広島県で下から二番目の高校にギリギリ進学するレベルです。


バイトでは仕事ができない人間で有名でした。


バイト先の先輩に連れて行かれたスロットが原因で、
バイトで必死に貯めた150万の貯金をすべてスロットで溶かしたこともあります。


そんな僕でも期待値稼働というものに出会って、
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、
あっさりとプラス20万円を達成し、人生逆転できました。


期待値稼働を学ぶ過程で、
お店で勝つ台を見つける方法や、
負ける台を回避する方法や、
設定6を探し出す方法、
どうやって成果を出していくかなど、
普通にスロットを打っているだけでは学べないことを知ることができました。


その経験から、スロット初心者であっても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でもスロットで月10万程度なら
副業でも勝ち続けられると確信しています。


そして昔の僕のように負けて
お金に悩んでいる人が勝ち組に成長すれば


・勝ったお金で気軽に旅行に行ったり
・勝ったお金で好きなものを食べたり
・勝ったお金で欲しかったものを買ったり、プレゼントしたり、


といった今の人生を楽しむことに
勝ったお金を使える人が少しでも増えれば、
一度きりの人生を楽しむことができるようになる、
と本気で思っています。


そういった信念から、僕がどのように期待値稼働に向き合い、
150万負けた状態から今の勝ち組まで駆け上ったか、
そのノウハウを”3部作”の教科書にまとめてみました。


メルマガのなか限定で公開しています。


イラストも多く使っているので、
20分くらいでサクッと1冊読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。


「パチスロ初心者が月10万勝つための教科書」3部作を読んでみる


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。