勝つためのテクニック

ノーマルタイプの正しいやめ時は?【スロプロのやめ時を公開します】

ゆうべる
ゆうべる
こんにちは、ゆうべるです。

僕はこれまでにスロットのみで
2000万以上を稼ぎました。

まずはこちらのツイートをご覧ください。

ノーマルタイプの正しいやめ時は、ハマった時でも、連チャンした後でも、100G以内に当たらなくなった時でもありません。

自分の基準を満たす設定よりも下と判断したときです。

設定5以上が基準なら設定5以下になったらやめ。
設定6が基準なら設定6以外になるとやめです。

僕はいつもこうしてます😌

ノーマルタイプでやめ時に悩んでいる方が
どうすれば最善のやめ時か、情報をシェアします。

ノーマルタイプの正しいやめ時は?

ノーマルタイプの正しいやめ時は、
自分の基準を満たす設定よりも
下だと思ったときにやめましょう。

読者さん
読者さん
BIGをもう1時間引いてないし、もうこの台は当たりそうにない…
読者さん
読者さん
REGばかり続いているから、もうこの台はダメだからやめよう…
読者さん
読者さん
1000Gもハマったし、疲れたからやめよう…

他にもあると思いますが、
このようなやめ方でははなく、

自分の基準を満たす設定よりも、
下だと思ったときにやめるようにしましょう。

例えば僕の場合は
ジャグラーは設定6しか狙っていないので、

この台は設定6ではないな、と思った時は、
いくら挙動が良くても、出玉があっても
スパッとやめてメダルを流します。

もしあなたが設定4以上を狙っているなら、
その台が設定3以下と判断したら
やめてメダルを流すべきです。

スロットはいくら高設定を打っても
1日単位では期待値通りに収支は収束しません。

高設定でも展開がある日もあるので、
打った台がたまたま展開が悪くて、

「これは高設定ではないだろう」

と判断してやめるなら良いですが、

「この台は出玉が出ないからやめる」

というやめ方では、
スロットでは勝てないやめ方です。

スロットがこの後どんな展開になるのか、
大きな出玉を出すかもしれないし、
大きく負けるかもしれないし、
そういった展開はスロプロでもわかりません。

ただ、高設定であれば
1Gでも多く回せば期待値は多く取れるので、
途中で連チャンしてもハマっても、
最終的には勝てるわけです。

スロットは毎回展開が違う

スロットは毎回展開が違います。

この台ボーナス思いから高設定はないだろう…

そう思ってやめようと思ったら
急にボーナスが当たり始めて、
高設定のボーナス確率になったり。

この台は高設定だろう!

と思っていると、
急にハマりだしてもうこの台はだめだ…

みたいな展開もあります。

よって自分の台だけを見ていると、
数百回転で予想する設定がコロコロ変わってしまいます。

だからこそ本当に大事なのは、
その台に座った根拠や、
周りの台の挙動です。

例えば自分の狙っていようと思っていた
他の台が良い挙動をしているとか。

逆にその日は全体的に挙動も悪いから、
今日はガセかな?と予測したり。

自分が打っている台の展開(判別要素など)
+
その台を打った理由

がないと、ノーマルタイプのやめ時は
なかなか定まりません。

実際の事例

僕の運営している
スロットコミュニティのメンバーの方が
先日ノーマルタイプを打っているときに
相談してくれた内容を紹介します。

(名前はOさんです)

Oさんはあるイベントに
マイジャグラーを打つために
朝一から参加したそうです。

狙い台も前日にしっかりと決め、
入場したとも確保に成功したそうです。

Oさんは実際に打ってみると、

・朝一500Gハマり

・隣の台が大連チャンする

・気がつけば投資も2万円近くになる

・しかしぶどうの確率は良い

という苦しい展開でしたが、

読者さん
読者さん
「自分の打っている台にはこれまでのデータで高設定が入る確率が非常に高い!」

ということを知っていたので、
終日粘る勢いで打ったそうです。

(知っていた、のは根拠のことです)

結果としてはOさんの打つマイジャグは
設定6だったそうです。

(おめでとうございます!)

Oさんの場合は展開が悪くても
続行をする判断でしたが、

朝一500Gハマって、
当たっても連チャンせずに、
投資も2万近くになる。

そのときにやめようと思っても、

「これは高設定ではないと予測した」

というやめ時なら、問題ありません。

実際にその台が設定6でも
打ったいたときに「高設定ではない」と
判断したからこれは仕方ありません。

しかし、

読者さん
読者さん
これは挙動が悪いから、低設定だろう

と出玉の結果から見た理由だけでやめるのは
設定狙いでは勝てないやめ方です。

自分の基準を作り、守ること

よって、ノーマルタイプのやめ時には、
自分の基準を作り、それを守るようにしましょう。

連チャンして出玉が出れば
そのあとはとりあえず打って、
展開が悪くなるとやめたり、

やめようと思ったときに、
奇跡的にボーナス引いて

「後もうちょっと打つか」

と展開だけでやめる、やめないを判断すると、
ノーマルタイプではなかなか結果に結びつきません。

それよりも、
ノーマルタイプの正しいやめ時は、
自分の基準を満たす設定よりも
下だと思ったときにやめ。

これを意識すると、
やめ時が超うまくなるし、
立ち回りもブレにくくなります。

ノーマルタイプのやめ時で悩んでいた方は、
ぜひ今回お伝えした方法を活用してみてくださいね。

他にもスロットでの悩みを減らすなら、
「スロプロの思考」も身につけておきましょう。

スロプロ思考まとめ

スロプロの思考を身につけておくだけでも、
やめ時の駆け引きもうまくなりますよ。

それではまた〜!

スロット初心者が副業で月10万勝てる教科書【全3部作】を読めます

僕は学生の頃からスロットで2000万ほど稼いでいます。


才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。


ごく普通の一般家庭に生まれて、
学力も広島県で下から二番目の高校にギリギリ進学するレベルです。


バイトでは仕事ができない人間で有名でした。


バイト先の先輩に連れて行かれたスロットが原因で、
バイトで必死に貯めた150万の貯金をすべてスロットで溶かしたこともあります。


そんな僕でも期待値稼働というものに出会って、
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、
あっさりとプラス20万円を達成し、人生逆転できました。


期待値稼働を学ぶ過程で、
お店で勝つ台を見つける方法や、
負ける台を回避する方法や、
設定6を探し出す方法、
どうやって成果を出していくかなど、
普通にスロットを打っているだけでは学べないことを知ることができました。


その経験から、スロット初心者であっても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でもスロットで月10万程度なら
副業でも勝ち続けられると確信しています。


そして昔の僕のように負けて
お金に悩んでいる人が勝ち組に成長すれば


・勝ったお金で気軽に旅行に行ったり
・勝ったお金で好きなものを食べたり
・勝ったお金で欲しかったものを買ったり、プレゼントしたり、


といった今の人生を楽しむことに
勝ったお金を使える人が少しでも増えれば、
一度きりの人生を楽しむことができるようになる、
と本気で思っています。


そういった信念から、僕がどのように期待値稼働に向き合い、
150万負けた状態から今の勝ち組まで駆け上ったか、
そのノウハウを”3部作”の教科書にまとめてみました。


メルマガのなか限定で公開しています。


イラストも多く使っているので、
20分くらいでサクッと1冊読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。


「パチスロ初心者が月10万勝つための教科書」3部作を読んでみる


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。