マインド

スロットで勝つ上での本物のプライドとは?結果を出してる人からはプライドを捨てて学びましょう

ゆうべる
ゆうべる
こんにちは、ゆうべるです。

今回は結果を出している人から
プライドを捨てて学びにいくべし、

というテーマでブログを書いていきます。

プライドは捨てましょう

今スロットで負けて結果が出ていないなら、
スロットで勝って結果が出ている人から、
プライドを捨てて学びにいきましょう。

なんでこのテーマでブログを書こうかと思ったのは
以前スロットで負けている友人と喋っていて
驚愕のことを言われたからです。

友人
友人
ゆうべるはスロットで勝っていてすごいと思うけど、友達だから教えを請うのはプライドがあるんだよね…

これを聞いた時に

友達だから勝ち方聞くの恥ずかしいとか、
教えてもらうのにプライドが邪魔するとか、
自分の編み出した方法で勝つのがかっこいいとか、

理由はいろいろあると思いますが、
そういうのは勿体ないなぁと思います。

もし僕が今スロットで負けて悩んでて
どうやったら勝ってお店を出れるの中と悩んでいたとしたら、

そこで友達がめちゃくちゃ稼いでいるなら
プライドを捨てて学びに行くと思います。

そういうプライドよりも、
結果を出すことが大事だと思っているからです。

実際に僕はスロプロの友人から
直接勝ち方を教わりました。

【漫画】150万負け→25万の詐欺教材購入→スロプロとの出会い→2000万以上稼ぎ、スロットで人生大逆転させた物語スロットで2000万稼いだスロプロゆうべるが誕生するまでの話を漫画にしました。負け組時代、借金時代からどのようにして勝ち組になったのかを漫画で解説。スロット初心者は必ず参考にしてください。...

結局自分の人生なんだから、
周りにどう思われても良いと思うんです。

特にスロットの場合は
直接お金に関わってきます。

勝ち方知らないと
一生お店にお金を吸い取られてしまいます。

プライドって本当に邪魔だと思います。

プライドを捨てない弊害

プライドは捨てないと弊害が出ます。

友達に聞けないとかじゃなくて、
自分に変な条件をつけて逃げてしまいます。

例えば友達だから学べないとか、
ライバルだから学べないとか。

スロットを打つ人は世の中に700万人以上いるんだから、
どうやってもライバルは出てきます。

例えば僕をライバルだと思っても良いですが、
僕は発信している内容について

読者
読者
ライバル(ゆうべる)が言っていることは敵だから学ばない!

と敵だから学ぶことを弾いていると、
学びの機会を多く失ってしまいます。

年下だから学べないのもプライド

それと、年下だから学べない、
というのもプライドです。

実はこれ僕昔結構あったんです。笑

僕は広島県出身なので、
縦社会が結構残っていました。
(今も残っている)

だから中学の時とか高校の時も、
年上のいうことは絶対に聞く。

年下は歯向かってはいけないとか
そう思っていました。

だから年下にアドバイスされるなんて、
絶対にダメだと思っていました。

ゆうべる
ゆうべる
古い考えを持っていたので、年下だからという理由で学ぶこともやめたこともあります

こういうのにまったく抵抗がない人もいるけど、
できるだけ今は年下からも学ぼうと思っています。

よく考えるとわかりますが、
例えばインターネットで流行とか作っているのは
全員年下なんです。

僕は今32歳なので、
若者ではないしちょいおじさんですけど、

ブログとかYouTubeとかTwitterとか
そういうのを回しているのは若者なんです。

だったらその若者から学べることもあるよね。
と最近思って年下からも学びを得ています。

敵からもプライドを捨てて学ぶこと

敵からもプライドを捨てて学びましょう。

例えば嫌いだとか、
言葉遣いが嫌いだとか、
見た目が嫌いだとかありますよね。

例えば僕は大雑把な性格なので、
スロプロですが数字は少し苦手なんです。笑

だからロジックで考えるのは苦手だったんですよね。

感情を使って行動力で動くタイプでした。

例えば起業をしよと思ったときに、
リスクはどうすんの?とか、

こういったアイデアがある!というと、
そりゃ無理だよ、とか言われたこともあります。

そういうのは好きではありませんでした。

でもこれは性格の違いなだけで、
思考が逆なだけなんです。

それなら貴重な意見をくれるっていう
可能性も高いわけです。

だから生理的に受け付けないから、
学びをしないのは非常にもったいない。

敵からでも学ぶことは大事です。

結果どうなるかというと、
素直に学べないから成長のチャンスを逃したり、
現実から逃げるのでうまくいかない、とかですね。

こういった残念な結果になるので、
プライドはすごく邪魔だし、
めんどくさいしいらないものなのでゴミ箱に捨てましょう。

良いプライドはなんなのか?

まったくプライドを捨てると
人間力が無くなるので、
良いプライドは持っておくべきです。

良いプライドとは、
自分はこんなところで終わるわけないという自信、です。

例えば生意気で性格が嫌いな後輩から、
ボロッカスに言われたとします。

先輩ザコいっすよね、みたいな。

このときに俺はダメだ〜となるのは悪いプライドです。

これは落ち込んでるのは良くないです。

たとえそんなに言われても、
表ではぐっとこらえてアドバイスを受け、

俺はこんなところで終わるはずはない!!!

と思うが良いプライド。

これが負けず嫌いです。

これは本当に感じるんですけど、
貪欲な人ほど謙虚なんです。

一つでも人から学ぼうとする。

表では「へぇ〜そうなんですね!すごいです!」と、
ヘラヘラしてるけど、心の中は悔しがっている。

これが逆になるとだめ。

表ではプライドが邪魔して、
「うるせぇ!俺の好きにしたいんだ!」となります。

でもこういう人は内面では悔しがってないことが多いんです。

これがもったいない。

そうではなくて、
表ではヘラヘラして、
内側では追い抜いてやるという
心を持つのが貪欲です。

そしてこういう人は謙虚。

こういう人が貪欲で、謙虚な人。

ずっとヘラヘラしてるし、あまり口答えもしないし、
一番学ぶのがこういう人で
これが良い意味で負けず嫌いだと思います。

実力の勝ち負けにこだわらない

実力の勝ち負けにこだわるのもプライドです。

これは勘違いして欲しくないですが、
収支での勝った負けたではなくて、
他の人と見たときの実力の勝った負けた、です。

SNSとかいつも見ていると、
勝っている人が多いと焦ることもあります。

あわててそこに行こうと思うと、
実力が勝った負けたの世界に飛び込んでしまいます。

でも今はあいつが成功してるけど、
俺はあとで追い抜くぜ、と思うか。

それは一時的に相手に勝ちを譲っている、
その代わりに自分のできることをコツコツ勉強する。

こういった相手に勝ちを譲る精神は大事です。

僕の体験でわかりやすい事例を紹介します。

例えば僕はブログを運営しているので、
ブログ村というランキングサイトに登録をしています。

その中で僕のブログは50位です。

ブログへのアクセスもトップランキングの人と比べると
たしかに負けています。

でも、どっちが価値提供しているかというと、
僕の方が価値提供をしていると思っています。

実際に僕のブログを見てスロットを始めたり、
負けている人が勝てるようになった人とか、

他のスロットブログでランキングトップの人よりも、
再現性があると思っています。

なんでそう言い切れるかというと、
人気記事を書いていないからです。

人気記事を書けばブログランキングは大きく上がり、
もっと稼働記事を書こうとか、
エンターテイメント性だったりを書きますが、
僕はそういうのはしません。

基本は初心者がスロットで勝つための方法を
真面目に書いています。

たまには面白い記事も書いたり、
稼働したときのことを記事に書いたりしますが、
基本は真面目にブログを書いています。

なんでそう真面目に書くかというと、
読者さんに成長して欲しいからです。

こういうことを考えているから、
最終的に勝つのは僕だと思っています。

読者さんをスロットで勝って
人生を楽しんでもらえる点でも勝っていると思います。

これが本当の貪欲だと思います。

知名度はあまりに取りに行っていなくて、
たしかに他のブログよりもアクセスは負けています。

でも勝つための方法から絶対にブレないし、
価値提供に力を入れてるから、絶対に負けていないと思っています。

結論、結果が出てる人は本質を抑えている

結論、結果が出ている人は本質を抑えています。

結果がすべて、という考え。

結果主義に見えるけど、
結局スロットは結果だと思う。

どれだけスロットで勝ったか、
というのに勝ちを感じない人もいますが、

僕は勝つことが人生の幸福度に上がると思っているから
大事だと思ってるので、
結果が出てるのはそれなりの本質を抑えている。

じゃあ本質を抑えている人と
違うことをすると失敗するよね、
というのはすごく注意してほしいです。

結果が出ているということは、
本質を抑えていることです。

違うことをして勝負したら
99%のことは失敗をします。

読者さん
読者さん
ゆうべるがスロットで2000万以上稼いでいる。俺はスロットでゆうべるよりも稼いでやる。じゃあ俺は独自の理論を編み出して頑張るぜ!

となると、失敗します。

たしかに一生懸命やれば
少しは稼げるのかもしれないですが、
だいぶ遠回りです。

僕は期待値稼働でも設定狙いと天井狙い
どちらとも極めた結果、
それだけの結果を出しているので本質を抑えています。

だからこれ以外をやろうとすると
失敗をしてしまいます。

だからもしこいつを超えたいなと
思ったとき、悔しいと思ったときは
正面衝突で当たっていきましょう。

突発的なアイデアを思い浮かべるよりも、
プライドを捨てて勝っている人のやり方に従いましょう。

例えばスポーツの時もこっちがパワータイプなら、
パワータイプで当たる。

速いスピードなら、速いスピードで対抗するということです。

強い人はそれなりに強い理由があるから、
そこで勝たないと、
あるいはそこで勝てなくても同じレベルにならないと
別の自分の強みで戦えない。

そこで自分からは逃げないということは意識しています。

いろいろ話しましたが、
結果を出している人からはプライドを捨てて学びましょう、
ということです。

例えば僕の運営している
月10万以上を目指すスロットコミュニティーの人は
年上の方が多いです。

これはすごいことだと思っています。

だって年下から学ぶって
プライドを捨てないといけないです。

でもそうでもしないと結果出ないこと知ってるから、
貪欲にしてプライドを捨てて、
僕のコミュニティに参加をしています。

これは本当にすごいと思う。

だから僕は年下の人から学ぶこともしたい。

だから後輩でも学ぶ姿勢は持ちたいと思っています。

ということで、
結果を出していない人は、
プライドを捨てて学んでいきましょうね、ということです。

他にもスロットで勝つために必要な考え方は
こちらの記事も読んでみてください。

サラリーマンの副業はスロットで決まりの理由【月10万なら翌月から達成可能】サラリーマンが副業をするならスロット一択の理由をスロプロゆうべるが解説します。僕はこれまでに転売なブログやYouTubeなどのたくさんの副業を行なってきましたが、どれもリスクが高いです。再現性がありリスクも低く、さらに楽しく継続できるのはスロットだけです。その理由を解説します。...

それではまた〜!

スロット初心者が副業で月10万勝てる教科書【全3部作】を読めます

僕は学生の頃からスロットで2000万ほど稼いでいます。


才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。


ごく普通の一般家庭に生まれて、
学力も広島県で下から二番目の高校にギリギリ進学するレベルです。


バイトでは仕事ができない人間で有名でした。


バイト先の先輩に連れて行かれたスロットが原因で、
バイトで必死に貯めた150万の貯金をすべてスロットで溶かしたこともあります。


そんな僕でも期待値稼働というものに出会って、
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、
あっさりとプラス20万円を達成し、人生逆転できました。


期待値稼働を学ぶ過程で、
お店で勝つ台を見つける方法や、
負ける台を回避する方法や、
設定6を探し出す方法、
どうやって成果を出していくかなど、
普通にスロットを打っているだけでは学べないことを知ることができました。


その経験から、スロット初心者であっても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でもスロットで月10万程度なら
副業でも勝ち続けられると確信しています。


そして昔の僕のように負けて
お金に悩んでいる人が勝ち組に成長すれば


・勝ったお金で気軽に旅行に行ったり
・勝ったお金で好きなものを食べたり
・勝ったお金で欲しかったものを買ったり、プレゼントしたり、


といった今の人生を楽しむことに
勝ったお金を使える人が少しでも増えれば、
一度きりの人生を楽しむことができるようになる、
と本気で思っています。


そういった信念から、僕がどのように期待値稼働に向き合い、
150万負けた状態から今の勝ち組まで駆け上ったか、
そのノウハウを”3部作”の教科書にまとめてみました。


メルマガのなか限定で公開しています。


イラストも多く使っているので、
20分くらいでサクッと1冊読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。


「パチスロ初心者が月10万勝つための教科書」3部作を読んでみる


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。