マインド

「量質転化の法則」で人は成長する。僕の事例を出して比べてみた

ゆうべる
ゆうべる
こんにちは、ゆうべるです。

「量質転化の法則」という言葉を聞いたことありますか?

この意味としては、

量をこなしていけば質に転じていきますよ

という意味です。

こういう法則系は聞いたときは
へぇ〜そうなんだ、くらいしか感じないので、

今回はこの「量質転化の法則」によって
実際に僕がどのくらい成長できたのか、
お話ししていこうと思います。

目押しが超下手でした

まず、僕は目押しが超下手でした。

・ビタ押しはできない

・スイカは100%取りこぼす

・狙って打ってもスイカが揃わない

・赤7が揃えれない

・ボーナス揃えるのに時間がかかる

という感じです。

しかし僕は練習に練習を重ねました。

通常時打っている時も、
常に狙った図柄を目押ししたし、
自宅に実機を買って練習をしたり、
ゲームで練習もしていました。

そのおかげで量質転化の法則が効いたのか、

・ビタ押しは80%くらいできる

・スイカは100%取れる

・狙う図柄は100%目押しできる

・赤7は簡単に揃える

・ボーナス揃えるの2秒

というほぼどに成長することができました。

スロットは好きだから打っていたのですが、
なかなか上達するのに時間はかかりましたが、
今は目押しには自信があります。

実際に目押しが下手だと、
スロット打ってると結構恥ずかしいこともありました。

なかなかボーナスを揃えられなくて、
横の人にじーっと見られたり、

やっとボーナス2つ揃ったと思ったら、
右リールを失敗してもう一度揃え直したり、

通常時もボーナス中もスイカを揃えられなくて
消化するのに時間がかかったり。

色々経験しました。

しかし練習に練習を重ね、
量質転化の法則によって今では
サクサクと目押しができるようになりました。

本当に練習してよかったなと思います。

このブログも最初はひどい笑

ちなみに、この僕のスロットブログも
最初の記事はひどいです。

文章を読みにくいし、
書いてある内容もよくわからんし、
装飾も変だし…笑

しかしこれも量質転化の法則によって
これまでにブログは1000記事以上を書きました。
(この記事は1033記事かな?)

実際に量質転化の法則を感じてもらうために、
僕の始めた投稿したブログ記事と、
最近になって投稿した記事を比べてみます。

僕としては耳が真っ赤になる思いですが、
よかったら見てあげてください。

初めて書いたブログ記事

初めまして初めまして「ゆうべる」といいます。 平日はサラリーマンをしていて、休みの日にはスロットのハイエナをメインにしています。 この...

最近になって書いたブログ記事

いかに価値の高いものにお金を使うか?で稼ぐ力は育ちます 僕は専門学生の頃から現在まで 期待値稼働を行い、 2000万以上をスロットで稼いできました。 最近は勝つことが当たり前にな...

量質転化前は、
何書いてんだかって感じです。笑

なんか書いてある記事も弱々しいです。

最初なんてこんなもんですよね。

今でこそ読んでくれた読者さんが、

「記事が読みやすい」

「文章の雰囲気が好き」

という感想を送ってくれたりしますが、
見ての通り最初は本当にダメダメ星人でした。

っと、僕の事例からも分かる通り、
量は質に転化していきます。

もちろん質のことも一切考えなかったら、
いくらスロットを打っても目押しは上手くならなかったから、
質はあまり上昇していないでしょう。

それでも「昨日よりも上手くなろう」
という気持ちでスロットを打っていたら、
目押しが上達することができまあした。

本当に少しずつでもいいんですよ。

昨日の自分よりも、
少しだけ成長すればいいんです。

少しずつでも質を上げていけば、
1ヶ月後、半年後には大きな成長になっています。

そこまでくればもうプロです。

やってはいけないこと

一番ダメなのは、
質を気にしすぎて最初の一歩を踏み出さないこと。

例えば僕だと、
設定判別をするときは

「たくさんの雑誌を読み込んで知識をつけよう」

とか

「もっとサイトで調べて知識をつけてから打とう」

とか考えていたので、
知識はもっていても
実践での経験が少なかったので
設定判別が超苦手でした。

雑誌やサイトを読み漁っていたせいで、
当時あった熱いイベントとか

「俺にはまだ早い」

とか言ってスルーしていたので、
今思うと勿体無いなと思います。

質を求めるのも大切ですが、
それよりもうだうだ言わずにやってみて、
それを継続してしまえばなんとでも
上手くいくんじゃないかなと確信してます。

天井狙い、設定狙い、
熱いお店の開拓、戦略とかなんでもいいんですけど、
習慣化してしまえばいいのです。

スロットの場合は1ヶ月、
多くても半年続けていればセミプロになれます。

1年もやっていればもうプロになれます。

それくらいやっていると、
副業でも年間で100〜200万は
スロットで稼いでいるはずです。

最初行った実践よりも、
10回後の実践の方が確実に腕は上がります。

量質転化の法則があるので、
やればやるほどどんどんレベルが上がり、
立ち回り力がアップします。

そうなると副業でも効率よく立ち回ることができて、
仕事帰りだけでも月10万〜20万程度は
安定して稼ぐことができます。

僕もそうだし、
僕の知り合いのプロたちもそうですが、
大きく稼いでいる人ほど、
絶対に量をこなしています。

少ない量で上手く言っているように見える人でも、
実は量をこなしているから結果が出ているのです。

質を上げるためにはまずは量から。

そして量をこなすためには、
習慣化が大事、ということです。

これが量質転化の法則です。

スロット初心者の方でも
今スロットで負けて悩んでいる方も
今日から実践していってくださいね。

それでは〜!

スロット初心者が副業で月10万勝てる教科書【全3部作】を読めます

僕は学生の頃からスロットで2000万ほど稼いでいます。


才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。


ごく普通の一般家庭に生まれて、
学力も広島県で下から二番目の高校にギリギリ進学するレベルです。


バイトでは仕事ができない人間で有名でした。


バイト先の先輩に連れて行かれたスロットが原因で、
バイトで必死に貯めた150万の貯金をすべてスロットで溶かしたこともあります。


そんな僕でも期待値稼働というものに出会って、
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、
あっさりとプラス20万円を達成し、人生逆転できました。


期待値稼働を学ぶ過程で、
お店で勝つ台を見つける方法や、
負ける台を回避する方法や、
設定6を探し出す方法、
どうやって成果を出していくかなど、
普通にスロットを打っているだけでは学べないことを知ることができました。


その経験から、スロット初心者であっても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でもスロットで月10万程度なら
副業でも勝ち続けられると確信しています。


そして昔の僕のように負けて
お金に悩んでいる人が勝ち組に成長すれば


・勝ったお金で気軽に旅行に行ったり
・勝ったお金で好きなものを食べたり
・勝ったお金で欲しかったものを買ったり、プレゼントしたり、


といった今の人生を楽しむことに
勝ったお金を使える人が少しでも増えれば、
一度きりの人生を楽しむことができるようになる、
と本気で思っています。


そういった信念から、僕がどのように期待値稼働に向き合い、
150万負けた状態から今の勝ち組まで駆け上ったか、
そのノウハウを”3部作”の教科書にまとめてみました。


メルマガのなか限定で公開しています。


イラストも多く使っているので、
20分くらいでサクッと1冊読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。


「パチスロ初心者が月10万勝つための教科書」3部作を読んでみる


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。