設定狙い初心者

設定狙いのやめ時が難しい理由とその対処法とは?

ゆうべる
ゆうべる
こんにちは、ゆうべるです。

スロットで設定狙いをすると、
高設定が確定して終日打ち切る以外は
必ずどこかでやめる必要があります。

ですが、そのやめるタイミングが
非常に難しいと感じる方も多いと思います。

今回は設定狙いでやめ時が難しい理由と、
その対処法についてお話しします。

設定狙いのやめ時が難しい理由

設定狙いをしていれば
高設定だと思えば打ち続け、

高設定でないと思えば
やめるのが当然です。

ここで一つ覚えていただきたいのは、
高設定であることの証明は可能ですが、
高設定でないことの証明は難しいということです。

例えば設定狙いをしているときに
設定456確定演出が出たとします。

そうなるとその台は
間違いなく100%高設定です。

ですが、自分の打っている台が
高設定ではないと心でうすうす思っていても
仮に確定演出が出ていなければどうでしょうか?

「低設定だから確定演出が出ないのか?」

「それとも高設定だけど展開が悪く、
確定演出が出ていないだけなのかな?」

ということを100%見極めるのは難しいのです。

だから展開が悪くても

低設定だから悪いのか、
高設定だけど悪いのか、

このあたりは明確にはわからないのです。

なので、もし仮に

「この台が高設定ではないことを証明してください」

と言われたとしても、
それを証明するのは極めて難しいのです。

もしそれができるとしたら、
設定1確定演出がある台だけだと思います。

確定と濃厚の違い

設定狙いでは確定と濃厚がありますが、
この両者の違いは何かわかりますか?

それは、断言できるかどうかです。

例えばバジリスク絆で
朝から良い挙動をしていたとします。

【失敗談】バジリスク絆2の設定6を1/2でハズしました…バジリスク絆2の設定6を1/2(50%)で取り損ねたスロット稼働の話をします。スロットの稼働には自信があるのですが、今回は失敗してしまったので内容を公開します。...

「今日の台は設定6で間違いないだろう」

と心の中で思っていても、
設定6確定演出が出た時は、
ほっと安心感が出ると思います。

そしてその安心感と一緒に
設定4でなくてよかったという安堵も
経験したことあるのではないでしょうか。

そのくらい確定と濃厚は違いがあるのです。

これまでに僕は設定6は100台以上は打ちましたが、
確定演出が出た時の安心感は大きいです。

だからこそ高設定ではないと
100%断言することができず、
最大でも濃厚までしか判別できないから、

「この台は本当にやめていいのか?」

「やめた後に高設定だったらどうしよう・・・」

と不安がつきまとうのは当然なのです。

よって、まずはそのことを知っておく必要があります。

100%見切るのはほぼ不可能

上記で説明したことと、
僕の経験から完璧に見切るのは不可能です。

それが分かった上で、
どこで見切るかを考える必要があります。

そのためには小役カウンターで
小役を数えていく必要がありますが
その部分だけではなく、
他の部分にも注目する必要があります。

例えば全台系であれば、
自分が打っている機種の挙動が悪ければ
自分の台の挙動が良かったとしても、
見切れる可能性は出てきたりします。

他にも熱いイベントでも、
自分の台を含め他の人の台の挙動も悪ければ
高設定はないと判断し、
早めに台を見切ってやめることもできます。

どれだけ自分の狙った台に自信があったとしても、
他の台の挙動というのは参考になるはずです。

はっきり言いますが、
スロットはギャンブルではありません。

期待値稼働をしない人はギャンブルですが、
期待値稼働をする人はギャンブルではありません。

だからわざわざリスクのあるところを
勝つか負けるかのギャンブルみたいに
精神をすり減らして攻める必要はありません。

特に男性の場合は
本能的にギャンブルを望んだりしやすいし、

もし好きな機種を打っていたら
見切るポイントが甘くなったりするので注意が必要です。

スロットがギャンブルではない理由は
こちらの記事でも解説しています。

ギャンブルじゃないよスロット期待値稼働は… おかげさまで僕のこのブログは 毎日5000人以上の方に読んでいただけています。 そのなかで僕のもとには 毎日たくさんのお問...

結局は設定がわからないかったり、
先が見えない世界の方が
ギャンブル的に面白いと感じてしまい、
客観的に判断できなくなるのです。

「打っている台の挙動は少し悪いけど
まだあるかもしれないからもう少し打ってみよう」

と思って追加で1000G回したところで、
ほとんど判別の内容は変わりません。

設定狙いは100%の確信を持って
ここまでという見切りをつけれないからこそ、

できるだけいろんなところから情報を集め、
客観的に自分の状況を判断しましょう。

そうすれば大きくは外さないはずです。

まとめ

繰り返しになりますが、
設定狙いで100%見切るのは不可能です。

濃厚までは判別できても
確定までは見切るのは不可能なので、
その部分を知っているだけでも
やめ時は上手くなるはずです。

他にも設定狙いの立ち回りについての記事は
こちらのページでまとめていますので、
勝つのための知識を学んでみてください。

設定狙い立ち回り記事一覧へ

スロット初心者が副業で月10万勝てる教科書【全3部作】を読めます

僕は学生の頃からスロットで累計5000万ほど稼いでいます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

ごく普通の一般家庭に生まれて、
学力も広島県で下から二番目の高校にギリギリ進学するレベルです。

バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

バイト先の先輩に連れて行かれたスロットが原因で、
バイトで必死に貯めた150万の貯金をすべてスロットで溶かしたこともあります。

そんな僕でも期待値稼働というものに出会って、
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、
あっさりとプラス20万円を達成し、人生逆転できました。

期待値稼働を学ぶ過程で、
お店で勝つ台を見つける方法や、
負ける台を回避する方法や、
設定6を探し出す方法、
どうやって成果を出していくかなど、
普通にスロットを打っているだけでは学べないことを知ることができました。

その経験から、スロット初心者であっても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でもスロットで月10万程度なら
副業でも勝ち続けられると確信しています。

そして昔の僕のように負けて
お金に悩んでいる人が勝ち組に成長すれば

  1. 勝ったお金で気軽に旅行に行ったり
  2. 勝ったお金で好きなものを食べたり
  3. 勝ったお金で欲しかったものを買ったり、プレゼントしたり、

といった今の人生を楽しむことに
勝ったお金を使える人が少しでも増えれば、
一度きりの人生を楽しむことができるようになる、
と本気で思っています。

そういった信念から、僕がどのように期待値稼働に向き合い、
150万負けた状態から今の勝ち組まで駆け上ったか、
そのノウハウを”3部作”の教科書にまとめてみました。

メルマガのなか限定で公開しています。

イラストも多く使っているので、
20分くらいでサクッと1冊読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

\DL数5000名突破しました!/
「パチスロ初心者が月10万勝つための教科書」3部作を読んでみる

教科書を読んだ読者さんの感想を見る

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

あわせて読みたい記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です