マインド

「積んでいる人」になり、「詰んでる人」から脱出しよう

ゆうべる
ゆうべる
こんにちは、ゆうべるです。

僕はスロット歴12年です。

スロット専業で生活していた時期もあるので、
お店でたくさんの人を見てきました。

勝ってる人も負けてる人も数多く見てきました。

その数多くいるスロッターの中で、

「積んでいる人」

「詰んでいる人」

がいるのですが、
そのことについて書いていこうと思います。

人によってはグサッとくるかもですが、
本音なのでいっちゃいます。

スキルが二極化している

スロット業界に入って、
パチンコ屋に行った時にしかり、
ブログ、メルマガ、SNSの読者さんにしかり、
いろんな人に触れていると気づいたことがあります。

それは、「スロットのスキル」の面で、
圧倒的に二極化しているということです。

1つは勝つためのスキルを身につけるために、
真正面から向き合う人。

その結果スキルを身につけ、スロットで稼ぐ人。

こういった人は
スロットの勝ち方の本質を理解しているので、
打てば打つほど錬金術のように
お金が増えていきます。

そして天井狙いや設定狙いを組み合わせ、
レベルの高い立ち回りを行い、
他のライバルたちよりも頭1つ2つ抜けて立ち回ります。

これがいわゆる「積んでいる人」です。

そしてもう1つは、
スロットの勝つためのスキル取得から逃げ、
スロットで稼ぐスキルを持たない人。

彼らは本当はスロットで勝ちたいけど、
スキル取得できる課題に直面すると、
なんとかスキルを身につけようとせずに、
負ける台だけを打ち続けてしまいます。

感情的に打ってしまったり、
独自の理論で立ち回ったり、
ストレス発散のみで打ったり、

スロットで稼ぐスキルを身につけることなく
前に進んでしまいます。

スロットで稼ぐスキルを持たないから、
いつまでもスロットで負け続け、
毎月の給料やお小遣いを減らしてしまい、
じり貧な生活になってしまいます。

これがいわゆる「詰んでいる人」です。

同じスタートラインに立って
ヨーイドンでスロットで立ち回ると、
仮に1ヶ月しか経過していなくても
両者には圧倒的な違いが出てきます。

スロットのスキルの例

例えば設定狙いで勝つためには、
まずは設定6を打つための店選びのスキルが必要です。

しかしそういったスキル取得からは逃げ、

「面倒だから家の近所のお店でデータの良い台を打とう」

と考えて、設定1でたまたま挙動がよかった台に座り、
全ツッパしてしまいます。

こういった人は、
結局スキルを身につけていないから、
明日も負けてしまうし、
1ヶ月後も1年後も負けて悩んでしまいます。

他にもお店選びでは、
自分で探すのが面倒だから
SNSで有名なイベントに行きます。

しかし実際に行ってみると、
設定6は入っているかもしれないけど、
並びの数が500人とか超えていて、
そこから抽選で20番以下を引かないといけない。

そしてそこから高設定が入るであろう機種を絞り、
1/10くらいの確率で高設定をつかもうとします。

スキルを身につけると?

これに対してしっかりと稼ぐスキルを身につけ、
積んでいる人たちは、
お店選びには困りません。

例えば

・朝の並び5人

・設定6が複数台導入

・全6島もあり

・ライバルほぼゼロ

というお店も実際にあります。

(これは僕の事例ですが東京です)

「スロットは昔と比べてもう出ないから勝てない!」

なんて考えている人もいますが、
これまでに結果が出ていないのなら
それはただの言い訳です。

僕も隙間時間でスロットを打ちますが、
6号機でもまだまだ勝てるなぁと
いつも打つたびに思います。

もっというと僕がスロットを打ち始めた
5号機初期の方がもっときつかったです。

まぁそれは置いておいて。

積んでいる人と詰んでいる人の違いは
単純に「圧倒的なスキルの差」になります。

積んでいる人はそのスキルを活用し、
お店で簡単にスロットで稼ぐことができますが、

詰んでいる人は変化することを嫌がり、
いつまでも昨日と同じ台を打ち続けます。

その結果お店からいつまでも
お金を吸い続けられることになります。

スロットで稼ぎたいなら、
間違っても「詰んでいる人」にならないようにしてください。

スロットで稼ぐ人は「積む人」

スロットで稼ぐ人は
いつの時代も「積んでいる人」です。

お店にお金を吸い取られる人は、
「詰んでいる人」です。

まずはしっかりと落とし込もうという意識を持ち、
一度学んでスキルを取得すれば
もうそのスキルは一生使えます。

逆にスキルの取得から逃げ、
独自の考え方で立ち回っていると
いつまで経ってもスキルは身につかず、
打てば打つほどお金を失います。

積んでいる人はスキルを取得し、
そのスキルをお店で使って
どんどん稼いで行き、

詰んでいる人はスキルを身につけないから、
いつまでもお店にお金を吸い取られます。

マインド。

思考を変えましょう。

スキルの取得から逃げるよりも、
スキルを身につけてしまった方が楽です。

そしてスロットで稼げるようになるから
もっとスロットが好きなります。

人間、死ぬ気で1ヶ月取り組めば、
身につかないスキルなんてないんですよ。

スロットにしかり、設定狙いにしかり、
天井狙いにしかり、リセットにしかり。

スキルを取得するために、
一気に集中して学ぶ。

そしてそのスキルを元に、
実践をしていく。

これを繰り返していけば、
スロットは意外と簡単に勝てるようになるものです。

グサッときた人は、
ぜひ今回の記事を何度も読み直して、
行動してみてくださいね。

他にもこちらの記事でも
「スキル」について詳しく解説しているので、
一緒に読んでおいてください。

たった1日でいいから集中して勝ち方について勉強すれば知識も思考も一気に手に入る そのような疑問にお答えします。 1日でいいので集中すること 1日でいいので、 1日だけ遊びを我慢して、 勝ち...

それでは〜!

スロット初心者が副業で月10万勝てる教科書【全3部作】を読めます

僕は学生の頃からスロットで2000万ほど稼いでいます。


才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。


ごく普通の一般家庭に生まれて、
学力も広島県で下から二番目の高校にギリギリ進学するレベルです。


バイトでは仕事ができない人間で有名でした。


バイト先の先輩に連れて行かれたスロットが原因で、
バイトで必死に貯めた150万の貯金をすべてスロットで溶かしたこともあります。


そんな僕でも期待値稼働というものに出会って、
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、
あっさりとプラス20万円を達成し、人生逆転できました。


期待値稼働を学ぶ過程で、
お店で勝つ台を見つける方法や、
負ける台を回避する方法や、
設定6を探し出す方法、
どうやって成果を出していくかなど、
普通にスロットを打っているだけでは学べないことを知ることができました。


その経験から、スロット初心者であっても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でもスロットで月10万程度なら
副業でも勝ち続けられると確信しています。


そして昔の僕のように負けて
お金に悩んでいる人が勝ち組に成長すれば


・勝ったお金で気軽に旅行に行ったり
・勝ったお金で好きなものを食べたり
・勝ったお金で欲しかったものを買ったり、プレゼントしたり、


といった今の人生を楽しむことに
勝ったお金を使える人が少しでも増えれば、
一度きりの人生を楽しむことができるようになる、
と本気で思っています。


そういった信念から、僕がどのように期待値稼働に向き合い、
150万負けた状態から今の勝ち組まで駆け上ったか、
そのノウハウを”3部作”の教科書にまとめてみました。


メルマガのなか限定で公開しています。


イラストも多く使っているので、
20分くらいでサクッと1冊読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。


「パチスロ初心者が月10万勝つための教科書」3部作を読んでみる


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。