ホール出禁

こんにちは、ゆうべるです。

これは僕が専業時代のころのことですが、

一度だけホールを出禁に
なりかけたことがあります。

まぁ結論からいうと、
貯玉カードをたくさん持っていたんですよね。

僕が住んでいる地域は
僕がパチスロを始めたころから、
等価ではありませんでした。

そのため、
換金ギャップを喰らってしまうんですね。

で、僕はそれが当時嫌だったので、
知り合いにホールのカードを
たくさん作ってもらい、

そのカードをぐるぐる
回して投資していました。

最終的には1つのホールで
10枚近く持っていて、

知り合いの知り合いのカードまで
作ってもらい、

ごちゃごちゃになっていました。

-----sponsored link-----

目次(クリックで該当箇所にジャンプ)

天罰が下った日

ある日、いつものように
メダルを貯玉カードに入れようとすると、
ジェットカウンターからエラーがでました。

どうやらカードの
磁気が弱いとのこと。

当時僕は数十枚を
一気に束ねて持っていたので、

おそらくカードとカードがこすれて
磁気が弱くなっていたのだと思います。

店員さんが

「すみません、カードの磁気が弱いので
 新しいカードに交換しますね。」

そういい、僕のカード(知り合い)を
カウンターに持っていきました。

すろと、社員さんが
僕の方へ近づいてきて、

「すみませんが、再発行するので
 生年月日だけ確認してもいいですか??」

そういわれました。

「や、や、やばい・・・」

暗証番号は全部のカードを
統一していましたが、

さすがにそのカードを
作った人の生年月日までは
同じにはできませんでした。

カードを作ったとき、
まさか生年月日を使うことに
なるとは思っていなかったので、

作った人のカードは
まったく知りませんでした。

そりゃ知り合いのカードを利用するのは
ぶっちゃけダメなのは知っていましたが、

ちょっとでも換金ギャップを
なくしたいという小さな悪知恵
働いてしまったのです。

ほんと情けない話ですけどね。笑

悪いことはすべきでない

頭の中でぐるぐるとこれまでの
行いがフラッシュバックされ、
パニックになっていました。

するともう一度社員さんに

「生年月日を教えてください」

と言われたので、

「9月27日です・・・」

と適当に答えると、

社員さんはカウンターに再度入り、
パソコンを触っていました。

触り始めて数秒後、
あきらかに「ん?」っという顔をして
僕の方へ近づいてきました。

「すみません、生年月日が違うんですけど、
 お名前聞いていいですか??」

さらにカードについて
突っ込まれる始末。

「田中です・・・。」

そう答えると

「下の名前は?」

すぐにそう聞かれ、

知り合いの知り合いだったので、
下の名前までは知りませんでした。

「あぁ~~」と僕が悩んでいると、
僕のやっていたことを察したのか、

「あなたのカードではないのですね。
 このカードは没収します。」

そういわれ、
奥の部屋に消えていきました。

やっちまった・・・。

そのカードの中には
メダルが10万分くらいは入っていました。

さらにそのホールは
僕の稼ぎ頭のホールだったので、

そのホールで稼働できないとなると、
軽く数百万今後見込める
収入がなくなるのです。

正直泣きそうでしたが、
まぁ悪いことやったバツですね。

その社員さんに誤り倒すと、

「カードの本人が取りに来たら返す」

そういわれたので、
どうにか本人に連絡を取り、

ホールにカードを
取りに来てもらいました。

「次したら出入り禁止です」

そういわれ、
僕はその日、ホールを後にしました。

これをやっていたのは
今から10年近く前ですが、
まぁ自業自得ですね。笑

それからはもうそういったことは
一切しなくなりましたね。

たかだか換金ギャップで
優良ホールを出禁になったら
元も子もないですから。

今でもよく貯玉カードを
たくさん持っている方を
稼働中に見かけますが、

マジでやめたほうがいいです。

僕みたいに危うく
出禁になりかけるかもしれませんからね。笑