勝つためのテクニック

【謎】プロお断りと書いてあるホールの意味とは?

ゆうべる

こんにちは、ゆうべるです。

あなたはホールに行ったき、

読者さん

なんでこのホールは、プロお断りって書いているんだろう…?

そう思ったことありませんか?

わざわざそんな看板を置くと
必要があるのかも分からないし、

もしかすると何かの熱いイベントを
示唆しているのかもしれない…

そう思ったこと一度はありませんか?

今回の記事では、
プロお断りと書いてある理由を
3つ解説していこうと思います!

結論として、熱いホールなのか?

プロお断りと書いてあるホールは
高設定がたくさんある熱いホールなのか?

結論から言うと、

高設定のたくさん入っている
熱いホールです。

そのホールで稼働をしていけば
他のホールよりも
圧倒的に勝つ確率は上がります。

だって、

店長

ウチはプロお断りです!

と書いてプロお断りなわけだから、
高設定が入っていないと
ただのぼったくりですからね。笑

でも、ホール側は
なぜそのようなことを書くようになったか、
理由を解説していきます。

プロが迷惑行為をしていた

プロがホールに
迷惑行為をしていた、

それがきっかけで
プロお断りとなったケースもあります。

打ち子をたくさん雇って占領していた

例えば専業プロを例にすると、
プロにとって朝一はすごく重要です。

朝一のホールの選びで
その日の収支が決まる、

といっても過言ではありません。

ゆうべる

バジリスク絆の弾正屋敷中での巻物を引くこと以上に大事です

でもプロが朝からそのホールを
選んだということは

そのホールに朝一から行く価値があるから
プロはそのホールに行っているわけです。

よってプロは稼ぎたいわけです。

すると1人だとどうしても
熱いホールだとライバルが多いから
勝ちにくくなってくる。

じゃあどうすればいいか?となると、

打ち子などの人数を使って
美味しい台を抑えにくるわけです。

そうなると
いつも通っている常連さんたちは
狙った台を取れないのはもちろん、
好きな台を打つことも難しくなります。

実際に僕の目の前で常連さんが

常連さん

アイツらのせいで台が打てない!出禁にしろよ!!!」

と、ホールの店長に常連さんが
怒っていたことを見かけたことがあります。

ホールからすると、
イベントの時だけくるプロたちよりも
常連さんのほうが大事なわけです。

よって、ホール側はプロはお断り、
となるわけですね。

仲間同士でのメダルの使いまわし

これは先日目撃したことですが、

仲間内でメダルを共有しまくって
わけが分からなくなっていることを見かけました。

その人たちは4人組でしたが、
4人の出玉をえっさほいさと、
すべて1台に集めるんですよね。笑

みんなの出玉を集めるわけだから、
その1台の出玉が昼くらいには
ジャグラーなのに5000枚以上になって、

その事情を知らないお客さんからすると

「ボーナス回数が少ないのに
 どうしてあんなに出てるんだ?」

と、あまり良い目で見られないわけです。

ホール側としても高設定を打ってもらい
出玉アピールしたい部分はありますが、

明らかにボーナス回数と
出玉があっていない出玉アピールは、

最悪一般のお客さんからは
遠隔操作を疑われる可能性もあります。

ホール側もお客さんに
疑われたくないですからね。

疑われるとマイナスの
イメージしかつかないですから。

結局昼過ぎには店員さんに注意され
4人組は出玉を別々にしていましたが、
あれはよくないな~と思いました。

ホールを1日中うろうろしていた

スロットで勝つために
美味しい台を探すために

1日中ホール内を徘徊していたのも
理由の1つになります。

たしかにこの気持ちは分かるんですよね^^;

ゆうべる

あの台そろそろ空きそう…(空いたら即ゲットだ!)

ゆうべる

あれ…?やっぱ空かなかったし…

これを繰り返していると、
結構な時間になってしまうんですよね。

そうなってしまうと、
ホールの店員さんからの目線で見ると、

店員さん

あの人、打たずに1日中うろうろしてるからもしかしてプロかも…他のお客さんに迷惑だな…

そう思われて、
プロお断り、となったケースもあります。

データ機に0Gやめが多発した

これは天井狙いの立ち回りになります。

天井狙いで立ち回っていると
やめ時ってめちゃくちゃ重要なんですよね。

※天井狙いで勝つ方法はこちらで解説※

やめ時をきっちりするばかりで
稼働した台をすべて「0G」でやめると、

ホールにある台が「0G」ばかりになり、
めちゃくちゃ目立つわけですね。

もしあなたがホールに行ったとき、
「0G」の台ばかりだと、どう思いますか??

ピエロ

よし!この0G(即やめ)さえた台を打ってみよう!

とは思いませんよね?

(僕は打ちたくありません。笑)

お客さんが思わなくなる、ということは、
お客さんはその台を打たなくなります。

打たなくなる、となると、
台が常に空き台になって
ホールの売上は下がりますよね。

そうなると、ホールは困るから、
天井狙いをする人はプロとみなされ、
プロお断り、となるわけです。

ゆうべる

僕の場合は、目立つようなら2~3G回してやめるようにしています

まとめ!

今回の記事をまとめると、

①他のお客さんに見られて、
 迷惑になりそうなことはしない

②ホール内を1日中うろうろしない

③天井狙いで0Gやめは大事だけど、
 目立つようなら少し回してやめる

ということです。

プロお断り、と書いてあるホールは
高設定のたくさんある
熱いホールの場合が多いですが、

ホールに迷惑をかける、
もしくは他のお客さんに
迷惑をかけることをやめましょう、
ということですね^^

この手のホールは
目立たず上手く付き合っていけば

スロットで勝ちやすい
かなりの優良店なので
あなたも意識してみてください。

僕の無料メルマガでは

・スロットで月10万勝つ知識
・僕が2000万稼いだ方法
・初心者さんは何をすれば勝てるか?

このようなお話を
メルマガ限定でお話しています。

スロットは正しい知識を学べば
100%勝てるジャンルなので、
メルマガに登録して勝ち方を学んでおきましょう^^

スロット初心者が副業で月10万勝てる教科書【全3部作】を読めます

僕は学生の頃からスロットで2000万ほど稼いでいます。


才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。


ごく普通の一般家庭に生まれて、
学力も広島県で下から二番目の高校にギリギリ進学するレベルです。


バイトでは仕事ができない人間で有名でした。


バイト先の先輩に連れて行かれたスロットが原因で、
バイトで必死に貯めた150万の貯金をすべてスロットで溶かしたこともあります。


そんな僕でも期待値稼働というものに出会って、
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、
あっさりとプラス20万円を達成し、人生逆転できました。


期待値稼働を学ぶ過程で、
お店で勝つ台を見つける方法や、
負ける台を回避する方法や、
設定6を探し出す方法、
どうやって成果を出していくかなど、
普通にスロットを打っているだけでは学べないことを知ることができました。


その経験から、スロット初心者であっても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でもスロットで月10万程度なら
副業でも勝ち続けられると確信しています。


そして昔の僕のように負けて
お金に悩んでいる人が勝ち組に成長すれば


・勝ったお金で気軽に旅行に行ったり
・勝ったお金で好きなものを食べたり
・勝ったお金で欲しかったものを買ったり、プレゼントしたり、


といった今の人生を楽しむことに
勝ったお金を使える人が少しでも増えれば、
一度きりの人生を楽しむことができるようになる、
と本気で思っています。


そういった信念から、僕がどのように期待値稼働に向き合い、
150万負けた状態から今の勝ち組まで駆け上ったか、
そのノウハウを”3部作”の教科書にまとめてみました。


メルマガのなか限定で公開しています。


イラストも多く使っているので、
20分くらいでサクッと1冊読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。


「パチスロ初心者が月10万勝つための教科書」3部作を読んでみる


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。