勝つためのパチスロQ&A

閉店何時間前まで天井狙いできるのか?【閉店前は穴場です】

ゆうべる
ゆうべる
こんにちは、ゆうべるです。

お店の閉店間際はハマり台が多く打てるので、実は穴場だと思っているスロプロです。

今回は読者さんから「閉店何時間前まで天井狙いできますか?」という質問をいただいたので、回答をさせていただきます。

仕事終わりに天井狙いする方も多いと思うので、ぜひ参考にしてみてください。

読者さんからの質問

読者さん
読者さん
ゆうべるさんお疲れ様です。

いつもブログ読ませていただいています。

今回機になることがありましたので、質問させてください。

ゆうべるさんは天井狙いは何時まで打ちますか?

仕事終わりに打つときに悩んでしまうので、教えていただければ嬉しいです。

よろしくお願いします。

ゆうべるの回答

こんにちは、ゆうべるです。

天井狙いはプラスの期待値を取る立ち回りです。

プラスの期待値を取る立ち回りでは、
閉店によってATが取りきれなかったり、
AT途中で閉店してしまうと期待値欠損が出てしまいます。

よって、

・5号機なら天井到達から最低90分打てる時間

・6号機なら2400枚取りきれる時間

がおすすめです^^
(要暗記です!)

まずスロットはフルウェイトなら、
1時間に約800G回せます。

スロットをフルウェイトで回すやり方【勝ち額大幅アップします】スロットでのフルウェイトの回し方を解説します。フルウェイトのやり方、言葉の意味、どのくらいお得に回せるのか?ということを初心者へわかりやすく解説しています。...

例えば天井8000Gの台で、
閉店まで残り2時間で500Gハマりを発見した場合、
天井までハマってもあと20〜30分で当たります。

そうなるとボーナスに当選してから
90分以上あるので打つことができます。

ただ、5号機の場合、
閉店前まで1時間あるけど、
天井まで残り10Gのような台を見つけたら
それは打った方が良いですね。

天井が残り100G以下の場合だと、
天井までハマって当選して
30分打てる時間であれば打ってもOKです。

6号機の場合

他にも6号機の場合なら、
最大獲得枚数は2400枚なので、
2400枚を取れる時間を最低ラインにします。

例えばリゼロの場合だと
AT純増8枚なので2400枚獲得するには300G必要。

1時間で800G回せるから、
リゼロのAT300G打つのは約20〜30分かかるわけです。

となると、閉店まで40分くらいに打ち始めても、
AT当選して消化する時間が30分あるならOKということです。

極端な話、
22時45分閉店時間のお店でリゼロを打つなら、
22時10分くらいに700Gハマりを見つけたなら
打ってもOKということですね。

これが僕が最低ラインの打ち出す時間とゲーム数です。

閉店間際を狙う注意点

閉店間際の注意点も2つあります。

1つは天井が青天井の台は、
初当たりがどれくらいで取れるか予測できないので、
閉店間際は打つことを控えましょう。

2つ目はやめ時が天国否定などの場合です。

天国まで回さないといけない台は、
ATが終了した後も回す必要があります。

できればこの2つのパターンの台は
避けることが良いですね。

お店の閉店間際は、
お客さんがハマり台でもやめて帰るため
美味しい台を打ちやすい時間帯でもあります。

打ち出してボーナスに当たらなかったり、
ボーナス中に閉店してしまうと期待値欠損になるので、
まずは僕のおすすめのラインを参考にしてみてください。

それでは〜!

スロット初心者が副業で月10万勝てる教科書【全3部作】を読めます

僕は学生の頃からスロットで2000万ほど稼いでいます。


才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。


ごく普通の一般家庭に生まれて、
学力も広島県で下から二番目の高校にギリギリ進学するレベルです。


バイトでは仕事ができない人間で有名でした。


バイト先の先輩に連れて行かれたスロットが原因で、
バイトで必死に貯めた150万の貯金をすべてスロットで溶かしたこともあります。


そんな僕でも期待値稼働というものに出会って、
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、
あっさりとプラス20万円を達成し、人生逆転できました。


期待値稼働を学ぶ過程で、
お店で勝つ台を見つける方法や、
負ける台を回避する方法や、
設定6を探し出す方法、
どうやって成果を出していくかなど、
普通にスロットを打っているだけでは学べないことを知ることができました。


その経験から、スロット初心者であっても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でもスロットで月10万程度なら
副業でも勝ち続けられると確信しています。


そして昔の僕のように負けて
お金に悩んでいる人が勝ち組に成長すれば


・勝ったお金で気軽に旅行に行ったり
・勝ったお金で好きなものを食べたり
・勝ったお金で欲しかったものを買ったり、プレゼントしたり、


といった今の人生を楽しむことに
勝ったお金を使える人が少しでも増えれば、
一度きりの人生を楽しむことができるようになる、
と本気で思っています。


そういった信念から、僕がどのように期待値稼働に向き合い、
150万負けた状態から今の勝ち組まで駆け上ったか、
そのノウハウを”3部作”の教科書にまとめてみました。


メルマガのなか限定で公開しています。


イラストも多く使っているので、
20分くらいでサクッと1冊読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。


「パチスロ初心者が月10万勝つための教科書」3部作を読んでみる


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。