スロット初心者講座

スロットを打つのに軍資金いくら必要?

ゆうべる
ゆうべる
こんにちは、ゆうべるです。

今回の記事では、

スロットを打つときの軍資金

について書いていこうと思います。

「スロットを打つときはどのくらい用意すればいいの?」

「1日打つとなるとどのくらい必要?」

という疑問を解決していくので、
最後まで読んでいただけたらと思います。

スロットを打つときの軍資金

スロットに使える軍資金の額は、
自由に使える(収入や家庭環境)
お金によって違うと思いますが、

パチスロを1日打つには
およそ2〜6万円あれば十分です。

朧
どうして2〜6万円と軍資金にバラツキがあるの?
ゆうべる
ゆうべる
それは、打つ機種によって軍資金が変わるからだよ。
理由を解説していくね!

Aタイプを打つときの軍資金

ジャグラーEXアニバーサリー

例えばマイジャグラーⅢだと
設定1を一日中打つと考えたとき、
平均で2万円必要です。

ゆうべる
ゆうべる
これは、機械割から平均時給が-1425円だという計算だよ

つまり、ジャグラーやハナハナ、
HANABIやパルサーなどの
AタイプやA+RTタイプだと

一日で2~3万円あれば
十分打つことができます。

この例はあくまで平均で考えた際に必要なお金。

実際にはジャグラーなどのAタイプを打っても3万円以上負けることもありますが、逆に3万円勝つこともあります。

あくまで軍資金(お金)の平均額、と覚えておきましょう。

AT・ART機を打つときの軍資金

バジリスク絆

AT・ART機を打つときは、
4万円〜6万円ほどあれば問題ありません。

AT・ARTタイプはAタイプに比べて、
ボーナスが当たらなくて大きくハマったり、
天井に到達して単発で終わったり、

展開に左右されることが多いので、
勝つときは10万円以上勝つことも可能ですが、
負けるときは逆に10万円負けたりすることもあります。

例えばミリオンゴッド 神々の凱旋という機種だと、
0回転から天井の1480回転まで打つだけでも、
投資額が約6万円となります。

朧
6万円は恐ろしい・・・

とはいっても、
天井まで到達する確率は0回転から打ち始めると
約4%と好くない確率。

なかなか6万円をストレートに
吸い込まれることは少ないですが、

4%なので25回打つと
一度は遭遇してしまいます^^;

以上のことから、
AT・ARTタイプの機種を打つときは、
4~6万円は必要となります。

ゆうべる
ゆうべる
僕はスロットを打つときは、4〜5万円ほど財布に入れています。

AT機を天井狙いで打つことが多いから、そのときに最大で3万円くらい必要だから、少し多めにして4〜5万円を財布に入れています。

スロットで勝つために必要な軍資金

スロットで勝つために必要な軍資金は
10万円は用意しておくことがおすすめ。

まず、スロットで勝つためには、
設定狙い・天井狙いの2つの立ち回りで
スロットで勝つことができます。

設定狙いというのは、高設定が入っている台を狙って打つ事でお金を増やしていく狙い方。

天井狙いとは、天井ゲーム数までの残りゲーム数が近い台を打つ事で投資額を少なくして、ボーナスに当選させる事でお金を増やしていく狙い方。

設定狙いは高設定台を打つことで
お金を増やしていくのことができますが、

高設定を打てなくて低設定を打つと、
1日に5万円以上負けてしまうこともしばしば。

ゆうべる
ゆうべる
そうなってしまうと、軍資金がすぐに無くなってしまうことが多いです

天井狙いでは
天井ゲーム数が決まっている機種で
天井までの残りゲーム数が少ない台を打ちます。

そうなると投資額(お金を入れる額)
を少なくボーナスに当選することができます。

この天井狙いを前提に考えると、
軍資金は10万円でOKです。

軍資金は多ければ多いほど、
立ち回りに余裕ができていいですが、

天井狙いの正しいやり方を行えば、
月単位でマイナス収支になることはあまりありません。

軍資金が10万円用意できない場合

朧
軍資金がある程度必要なのはわかったけど、スロットで負けているから軍資金を多く用意できないよ
ゆうべる
ゆうべる
それではおすすめの方法を教えるね!

スロットを打つときの軍資金が少ないときは、
5円スロットを打つことがおすすめ。

朧
なるほど!

20円スロットだと1000円で
50枚しかメダルを借りることができません。

しかし5円スロットだと、
1000円で200枚ほど借りることができます。

ということは、
軍資金が1万円しかなくても、
5円スロットを狙っていけば
実質軍資金は4万円と同じ、ということです。

朧
たしかに5円スロットなら4倍になるから、お財布に優しいね!

このことからも、
最初は軍資金が少ないときは、
まずは5円スロットを狙うのも
僕はおすすめしています。

ゆうべる
ゆうべる
実際に僕がスロットを直接教えた方も、5円スロットでコツコツお金を増やして、そのあとに20円スロットへ移行した人も多いです

生活費と軍資金は別にすることがおすすめ

ゆうべる
ゆうべる
ここで1つポイントがあります

軍資金は生活費とは
別に使うことがおすすめです。

生活費がかかっているお金でスロットを打つと、
せっかくスロットの勝ち方を覚えても、

ゆうべる
ゆうべる
やばい・・・また単発で3万円負けた・・・
ゆうべる
ゆうべる
やっぱり自分の好きな台を狙ったほうが勝てるのでは??えぇぇぇいいいい!

と、立ち回りに余裕がなくなり、
なんとかお金を増やそうと
焦って打つことがあります。

そうなってしまうと、
最後には借金をしてしまう可能性が上がります。

僕は昔、
スロットが好きな友人に
いけないとはわかりつつも、
お金を貸したことがあります。

ボーナス日に返してもらいましたが、

「金を返してくれ!」

と友人に直接言うのは言いづらくて
複雑な気持ちになりました^^;

朧
たしかにそうだね。
生活費とは別に分けるようにするね!
ゆうべる
ゆうべる
そうだね!
スロットを打つお金は、生活費とは別にしておこう!

まとめ

今回の記事とまとめると、

記事まとめ

①スロットを打つ軍資金は、2〜6万円必要

②勝つためには軍資金10万円を用意

③軍資金と生活費は分ける

ということです。

でも、こうやって聞くと

朧
スロットってお金もかかるから危ないのかな?

と思うかもしれませんが、
スロットは危ないものではありません。

正しい勝ち方を学べば、
初心者でも毎月勝つことはできます。

ただし、毎月安定して勝つためには

・正しい勝ち方
・正しく実践する
・失敗した部分を改善する

ことを覚える必要があるので、
おすすめ記事を貼っておくので、
こちらも一緒に参考にしてみてください。

あなたが僕の記事を読むことで
スロットで勝つための
参考になれれば嬉しいです^^

スロット初心者が副業で月10万勝てる教科書【全3部作】を読めます

僕は学生の頃からスロットで2000万ほど稼いでいます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

ごく普通の一般家庭に生まれて、
学力も広島県で下から二番目の高校にギリギリ進学するレベルです。

バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

バイト先の先輩に連れて行かれたスロットが原因で、
バイトで必死に貯めた150万の貯金をすべてスロットで溶かしたこともあります。

そんな僕でも期待値稼働というものに出会って、
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、
あっさりとプラス20万円を達成し、人生逆転できました。

期待値稼働を学ぶ過程で、
お店で勝つ台を見つける方法や、
負ける台を回避する方法や、
設定6を探し出す方法、
どうやって成果を出していくかなど、
普通にスロットを打っているだけでは学べないことを知ることができました。

その経験から、スロット初心者であっても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でもスロットで月10万程度なら
副業でも勝ち続けられると確信しています。

そして昔の僕のように負けて
お金に悩んでいる人が勝ち組に成長すれば

  1. 勝ったお金で気軽に旅行に行ったり
  2. 勝ったお金で好きなものを食べたり
  3. 勝ったお金で欲しかったものを買ったり、プレゼントしたり、

といった今の人生を楽しむことに
勝ったお金を使える人が少しでも増えれば、
一度きりの人生を楽しむことができるようになる、
と本気で思っています。

そういった信念から、僕がどのように期待値稼働に向き合い、
150万負けた状態から今の勝ち組まで駆け上ったか、
そのノウハウを”3部作”の教科書にまとめてみました。

メルマガのなか限定で公開しています。

イラストも多く使っているので、
20分くらいでサクッと1冊読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

\DL数5000名突破しました!/
「パチスロ初心者が月10万勝つための教科書」3部作を読んでみる

教科書を読んだ読者さんの感想を見る

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

あわせて読みたい記事

yuberu へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。