オススメ記事

【閲覧注意】北海道は飯もうまいし女もうまい←

こんにちは、ゆうべるです。

僕がパチスロで勝ったお金の使い道の1つに
国内旅行に活用する、ということがあります。

今日は先日北海道旅行に行ったときの
話をシェアしていきますね。

北海道がご飯が格別にうまい!

北海道はやはりいいですね。

ご飯がめちゃくちゃうまかったです。

初日の夜は「すすきの」に行ったんですけど、

特にあてもなかったので
適当に食べログで調べて
海鮮が食べられる居酒屋に行きました。

お店に着くと、
どちらかというとチェーン店のような雰囲気。

とりあえず刺身の盛り合わせと、
揚げ物をいくつか注文し、乾杯。

店員
「お待たせしました~」

さっそくお刺身が届いたので
口に運んでみました。

「う、うううううまい!!!」

マグロを食べたんですけど、
もうとろっとろで
あっという間にぺろりと完食。

僕は普段食べているスーパーの刺身の感覚で、
口に運んでしまったので、
北海道のマグロのうまさは格別でした。

「またあのまぐろを食べたい・・・・」

ということで、
またもや同じお刺身をチョイス。

「ううううううまい!!!(2回目)」

やはり美味しいものは、
何度食べてもうまいです。

美味しいものを食べて、
ビールも一緒に飲んで、
気の合う仲間と一緒に旅行、

これをするために、
パチスロを打って勝っている、
といっても過言ではないと改めて思いました。

他にもゲソのから揚げも食べたんですけど、
それも別格のうまさ。

もはやうますぎて、
写真撮るの忘れてました←

北海道の夜のお楽しみは??

もちろん北海道はご飯だけではありません。

夜の街、「すすきの」もありますからね。

美味しいものを食べて
美味しいビールも飲んで、
ほろ酔いで男が向かう先は夜の街でしょう。

結論から言うと、

ご飯もうまいけど、
こっちは夜の女の子も
めちゃうまいです。

「えええ!こんな美人な子と4000円で〇〇できちゃうの??」

値段も破格の上、
女の子のクオリティも高いので
価値観が崩壊しました。

途中行った仲間は
楽しすぎて酔いつぶれていました。笑

※行ったお店の画像も載せたいのですが、
エ〇画像を載せると
Googleさんに怒られそうなので、
各自で調べてみてください。笑

ほんとは載せたいけど残念!

登別温泉にビビった

次の日は登別温泉に行きました。

登別温泉って
一度は行ってみたかったんですよね。

ドラックストアで温泉のもとをよく買うんですけど、
そのセットの中にだいたい登別温泉も
入っているくらい有名な温泉です。

でも、僕の中で温泉って

・温泉は色がついたお湯
・なんとなくよくなった気がするという錯覚

と思ってたんですよね。

(やばいw)

しかし、登別温泉に入ってから、
僕は温泉の効能というものを
信じることになりました。

浴場に入ると真っ先に露天風呂に行き、
肩まで温泉に浸かり、
熱くなったら湯船から出て、
足だけを付けて入浴。

これをひたすら繰り返して、
約2時間ほど入っていたんですよね。

2時間っていうとすごく聞こえますが、
北海道の外はちょうどいい寒さで、
2時間はまったく苦にならない長さです。

しかし、2時間入っていると、
あることに気が付きました。

「顔つるつるじゃね?」

そう、登別温泉の効能には、
お肌つるつるの効能が入っていたのです!

もちろん、これまでに
肌がつるつるになる効能の温泉には
入ったことくらいあります。

しかし、まったく効果は感じたことなかったんですよね。

でも、登別は違う。

顔がつるつるになるだけでなく、
全身がつるつるに・・・

さらには温泉の熱気?で
髪の毛までもつるつるになっていたのです!

もちろん僕だけが

「登別温泉はすごい!」

と言っても信じがたいと思いますが、
一緒に旅行に行っていた仲間3人も、

「これは肌がつるつるだ!」

「こんな温泉初めてだ!」

といっていたので、
あながちウソではありません。

温泉パワーはすごいですね。

今まで効能を疑っていた
自分を殴ってやりたいです。笑

ぜひ彼女がいる方は
パチスロで勝ったお金で
登別温泉に行ってみてください。

きっと彼女はめちゃくちゃ喜ぶと思いますよ!

他にもこんなところにいったり、

熊牧場という熊の動物園?に行くために、
ロープウェイに乗ったり・・・

夕張メロンの上に
夕張メロンのアイスが乗った
豪華なアイスも食べました。

パチスロで勝った世界は素晴らしい

いやー、北海道はいいですね。

札幌、小樽、登別しか行けませんでしたが、
また次の旅行で反対側もせめていきたいですね。

そのためにはまたパチスロで勝って、
旅行代を貯金せねば!!!笑

また旅行に行ったら記事をUPしますね!

ということで、
今日の記事はこのへんで。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。