こんにちは、ゆうべるです。

「スロットで比較的簡単に
 勝てる立ち回りってないかな~」

とスロットを打たれる方なら
一度は考えたことあるはずです。

難しい立ち回りは嫌だし、
軍資金もそこまで余裕はない・・・

と思われているかもしれません。

そこで今回のお話は、

”スロットで簡単に
 勝てるようになる立ち回り”

についてお話していきます。

この立ち回りを知っておくだけで

スロットで
大幅に負けにくくなったり、

スロットで勝つことで
毎月のちょっとした
お小遣いになったりします。

ぜひあなたのスロット稼働に
取り入れてみてください^^

-----sponsored link-----

スロットの大まかな立ち回り

まず、スロットには大まかに言うと
2つの立ち回りがあります。

1つ目は設定狙い。

簡単に言うと

設定は1~6段階あり
数字が大きくなるにつれて

スロットで勝ちやすくなる、

ということです。

でもその設定狙いって
難しいのが欠点。

なぜなら設定を推測するのは、
たくさんの要素があるからなんですよね。

例えば、今だと
ホールの看板機種のバジリスク絆。

これを設定推測しようと思うと、

・BC確率
・AT初当り
・BC中の設定示唆い
・通常時のモード移行率
・設定差のある小役

などなど・・・

これ以外にもたくさんの要素と
打ちながら考えないといけません。

「え~っと、チェリーが来て、
 このモードだから偶数設定だと、え~っと
 あ、ボーナス当たってるし・・・」

となって、

スロットの設定狙いに慣れていないと
少しこんがらがってしまいます。

そうなってしまっては
少し面倒ですよね^^;

そこで出てくるのが
僕が今回お勧めする2つ目の立ち回り、

天井狙いです。

天井狙いは名前の通り、
天井を狙って打つ立ち回りです。

先ほどの設定狙いは
6段階ある設定を狙って打っていくので
たくさんの判別要素を
考えて推測していかないといけませんが、

天井狙いは天井を狙って打つだけなので
非常にシンプル。

やることとしては、

1)天井に近い台を探す
2)天井まで打つ
3)当たるとやめ

これだけです。

非常にシンプルですよね。笑

考えることは天井でのゲーム数と
ボーナスが当たったときに
やめ時を考えるだけです。

しかもこの立ち回りのいいところは、
隙間時間に出来るということ。

例えば設定狙いをするとなると、
前日から下見に行って、
次に日も朝一から並んで、
狙った台を絶対に死守して、
そこから設定判別をする、

という流れです。

でも天井狙いだと、
決められたゲーム数から天井に当たるまで
打つだけなのです。

なので仕事帰りや、
ちょっとした隙間時間に
サクッと立ち回って
勝ててしまう方法なのです。

でも

「やっぱり設定狙いで勝ちたい!」

と思うかもしれませんが、
設定狙いって先ほども言いましたが、
難しいのが本音です^^;

打ちながら設定差ポイントや
その場の状況などを考えて、

ベストな立ち回りをしないと
勝つことは難しいです。

でも天井狙いだと、

決まったゲーム数から
天井に当たるまで打つだけで勝てるので
僕はお勧めですね。

なのでまずは天井狙いで
スロットで勝つための基礎を覚えて

そこからステップアップとして
ゆっくりと設定狙いを覚えればいいわけです。

そうなると、
天井狙いをしながら、
設定のありそうな台を狙ったり、

設定狙いをしながら、
天井までの堅い台を打って稼いだり、

といったことができるようになります。

そうなれば、

天井狙いで勝てる台も分かるし、
設定狙いでも勝てる台も分かるので

二刀流になるので
スロットで勝ちやすくなりますよね^^

よって、簡単に勝てる立ち回りを
覚える順番としては

1)天井狙い
2)設定狙い

の順番で覚えていくことをお勧めします。

ぜひこの流れで
覚えてもらえればと思います^^

PS

スロットの勝てる
立ち回りを学ぶ第一歩として、

僕の無料メルマガに登録すると、
登録5秒後に

「パチスロマスター講座」

というレポートをお渡しします。

このレポートを読めば、

・天井狙い
・設定狙い

の知識を一気に学ぶことが出来るので
ぜひ登録して読んでみてください^^

パチスロマスター講座を受け取る