勝つためのテクニック

知らない状態でスロットを打つと損しかない理由とは?

ゆうべる

最近ダイエットをはじめたら、1ヶ月で5キロ落ちたゆうべるです。

今回は、

「知らない状態でスロットを打つと、
めちゃくちゃ損をするよ」

という話をしたいと思います。

この記事を見るだけでも
スロットで勝つきっかけを掴めるので
最後まで読んでみてくださいね。

僕はブログ運営、コミュニティ運営、
メルマガ運営を行っているので、
日々ものすごい数の質問・相談をいただきます。

そこで最近ふと思ったことがあります。

それは、スロットを打つときは、
その機種の勝つための情報って
打つ前に知っておかないと損だよなぁ、
と思ったんですよね。

とはいっても、

「勝つための情報ってなんぞや?」

と思うので、笑

数日前にそれに似たような体験をしたので、
早速お話ししたいと思います。

先日体験したこと

つい先日ですが、
映画「コードブルー」を見に行って来ました。

ほうほう、ゆうべるはよくドラマを見るんだね

と思うかもしれませんが、

僕はドラマはほとんど見なくて、
最後に見たドラマは
「フリーター家を買う」だったような・・・

(その前は踊る大捜査線だったような・・・)

それはいいんですけど、

コードブルーというドラマは
医療ドラマ、ということしか知らなくて

「映画だから多少知らなくても
なんとかなるだろう!(`・ω・´)」

そう思ったので、
映画に誘われたので見に行ったんですよね。

結論として・・・

面白かったんだろうけど、

僕は誰がどんなキャラで、
どんな過去を持ってて、
どんな特技?を持ってるということがわからず、

最後まで展開がわからないまま
さくさく進んで映画が終わりました。

一緒にいた友人は
面白かったと言ってましたが、

僕は山Pが外科医ということも
最後の10分で知ったレベルだったので
面白いか、とうと微妙だったのが僕の本音です。

コードブルーを知ってる人は面白い、

だけどコードブルーを
知らない人は微妙な映画。

全然知らない状態で見たから
100%楽しめなかったので
僕は損をしたなぁということです。

スロットでも知らないと損をすることが多い

もちろん今回のパターンは
僕がコードブルーのことを
マジで何も知らなくて見たのが悪いのですが、

これってスロットでも
同じ状況あるなと思うんですよね。

スロットで勝つためには
プラスの期待値をどんどんとっていけば
勝つことができます。

例えば今度ルパン三世世界解剖、
という機種が出るんですけど、

これって純増枚数5枚という
モンスターマシンなので、
やっぱり興味あるんですよね。

でも、さぁホールに導入しました!
ホールに行って空いている台を確保し、
とりあえず気になるから打ってみた!

だと、どうしてもその日負けてしまうのが
目に浮かびますよね^^;

最初は1万円だけで様子見、と思ったけど
すぐに負けて火がついちゃって
気がついた時には3万負け・・・

ゆうべる

もうルパンなんて二度と打つか!

という言葉を帰りの車のなかで放ち、
家にしぶしぶ帰る、

もう想像できてしまいます^^;

さきほどもお話ししましたが、
スロットで勝つためには
プラスの期待値の部分を打てば
理論上は負けることがない。

ということは、

ルパンのプラスの期待値の部分を調べて
そこを打つことができれば

実質ルパンを打っても負けることはない、
ということです。

情報を持たずにルパンを打っても
勝つボーダーややめ時がわからず、曖昧になる。

そして結果としてルパンは打てたけど、損をする。

でも、僕らがスロットを打つ目的は、
スロットで勝ちたいから。

となると、損をしないためには
あらかじめルパンの勝ち方を知っておけば、

・ルパンも打てる
・ルパンで勝てる

ので、損をしないということです。

だから、情報をあらかじめ
知っておくと知らないとでは、

その機種の楽しみ方が
天と地の差があるな、と思いました。

だから、ルパンを打つなら、
勝つための情報を得て打った方が、
よりルパンを楽しめる、ということです。

(他の機種でも同じです)

勝つための情報を得なくて打っても
僕がコードブルーを見たように
わけがわからず終わって
損をすることがありますからね。

っということで、
ルパンの勝つための記事は
僕のブログから見れるので、
ぜひ導入前に見て勉強しておきましょう!

スロット初心者が副業で月10万勝てる教科書【全3部作】を読めます

僕は学生の頃からスロットで2000万ほど稼いでいます。


才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。


ごく普通の一般家庭に生まれて、
学力も広島県で下から二番目の高校にギリギリ進学するレベルです。


バイトでは仕事ができない人間で有名でした。


バイト先の先輩に連れて行かれたスロットが原因で、
バイトで必死に貯めた150万の貯金をすべてスロットで溶かしたこともあります。


そんな僕でも期待値稼働というものに出会って、
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、
あっさりとプラス20万円を達成し、人生逆転できました。


期待値稼働を学ぶ過程で、
お店で勝つ台を見つける方法や、
負ける台を回避する方法や、
設定6を探し出す方法、
どうやって成果を出していくかなど、
普通にスロットを打っているだけでは学べないことを知ることができました。


その経験から、スロット初心者であっても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でもスロットで月10万程度なら
副業でも勝ち続けられると確信しています。


そして昔の僕のように負けて
お金に悩んでいる人が勝ち組に成長すれば


・勝ったお金で気軽に旅行に行ったり
・勝ったお金で好きなものを食べたり
・勝ったお金で欲しかったものを買ったり、プレゼントしたり、


といった今の人生を楽しむことに
勝ったお金を使える人が少しでも増えれば、
一度きりの人生を楽しむことができるようになる、
と本気で思っています。


そういった信念から、僕がどのように期待値稼働に向き合い、
150万負けた状態から今の勝ち組まで駆け上ったか、
そのノウハウを”3部作”の教科書にまとめてみました。


メルマガのなか限定で公開しています。


イラストも多く使っているので、
20分くらいでサクッと1冊読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。


「パチスロ初心者が月10万勝つための教科書」3部作を読んでみる


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。