勝つためのテクニック

【注意】夕方からジャグラーを狙うときはボーナス確率ではなく◯◯に注目?

ゆうべる

こんにちは、ゆうべるです。

あなたは夕方からジャグラーを狙うとき、
ボーナス確率ばかり見ていませんか??

ゆうべる

ギクっ!!!

つい夕方からジャグラーを打つとき、

・ボーナス確率が良い台
・ボーナス合算が良い台
・メダルがたくさん出ている台

をつい見てしまいますよね?^^;

何を隠そう、

僕も昔はジャグラーを打つとき、
そのような間違ったポイントを見て判断し、

ゆうべる

あれ…?打ち始めた瞬間に1000Gハマったぞ…

結果、自爆…

という結果を何度も味わってきました。

(自分が打ち始めると急にハマるのはマジ辛い)

僕の読者さんには
もうそんな思いをしてほしくないので、

今回の記事でしっかりと
夕方からのジャグラーの勝ち方を学んでください!

夕方から勝つために必要なもの

まず、ジャグラーの設定判別で
必要なポイントは、

・REG確率
・ボーナス合算
・ぶどう確率

この順番に
判別していくことが多いと思います。

たしかにこの判別の順番は正しいです。

しかし、
これは朝から狙うときの判別方法。

夕方からジャグラーを狙うには
ぶどう確率(コイン持ち)
に注目していくことが大事です!

ピエロ

まさかのぶどう確率か…!!!

ぶどう確率を見るべき理由とは?

それではぶどう確率を
見るべき理由を解説しますね。

例えば5000回転以上回っていて
BIGとREG確率が設定56の数値だとします。

そこで、

ゆうべる

あ、ボーナス確率がいいから打とう!

そう思ってつい打ってしまいがちですが、
まずはスランプにも注目すること!

スランプグラフをみて、

ゆうべる

設定56の数値なのに出玉が全く出ていない・・・

そのようになると、

”コイン持ちが悪いから
ボーナス確率が良くても出玉がない”

ということが考えられますからね。

例えばこのような台。

▼データ1▼

ボーナス確率は軽いので
初当りは取れていますが、
出玉が全然ついてきていませんよね。

もしこのスランプグラフのデータが
このような感じだったらどうでしょうか。

回数 出現率
回転数 5000G
BIG 18回 1/277
REG 19回 1/263
合算 37 1/135

ボーナス確率・合算を見ると、
高設定ということは間違いなさそうです。

しかし、スランプグラフを見ると、
まったく出玉がありません。

よってここで考えられるのは、

”低設定の誤爆”&”ぶどう確率が悪い”

ということが考えられます。

こちらを見てください。

設定 BIG REG 合算
1 1/287.44 1/455.11 1/176.17
2 1/282.48 1/442.81 1/172.46
3 1/282.48 1/348.60 1/156.04
4 1/273.07 1/321.25 1/147.60
5 1/273.07 1/268.59 1/135.40
6 1/268.59 1/268.59 1/134.30

BIG確率を見てもらうと分かりますが、

設定1・・・1/287.44
設定6・・・1/268.59

と、BIG確率の数値を見ると
あまり設定差がないことが分かります。

あまり設定差がないということは、

”設定1でも調子がいいときは
 設定6のような挙動をする”

ということも考えられますよね?

ジャグラーはデータ機だけで
ある程度判別できる機種ですが、

最後に重要になるのは
ぶどう確率(コイン持ち)になります。

夕方からはぶどうこそがすべて!

夕方からの立ち回りなら
ぶどう確率の重要度は増します。

夕方以降ならある程度
回転数のサンプルもあり、

ボーナス確率だけを見ても
高・低設定の判別ができますよね。

冒頭でお話しましたが、
ジャグラーの設定判別では、

1.REG確率
2.ボーナス合算
3.ぶどう確率

の順に判別するとお話しました。

しかし、夕方からの稼働だと

・REG確率
・ボーナス合算

この2つはデータ機で
判別することができるので、

最後の判別の後押しとなるのが
ぶどう確率(コイン持ち)になります。

仮にボーナス確率は設定6付近、
ぶどう確率も良好な台の挙動としては、
このようなグラフになります。

▼データ2▼

最初にお見せした
ぶどう確率が悪い台はこちらです。

▼データ1▼

実際のデータはこちらです。

▼データ1(仮)▼

回数 出現率
回転数 5000G
BIG 18回 1/277
REG 19回 1/263
合算 37 1/135

▼データ2▼

回数 出現率
回転数 7466
BIG 30回 1/248
REG 28回 1/266
合算 58回 1/128

ボーナス確率は同じように見えますが、
出玉がまったく違いますよね?

ピエロ

たしかに全然違う…

この違いがぶどう確率の差になります。

このデータ1・2のスランプグラフでは
どちらが高設定か?と言われると、

2のスランプグラフで出玉がある方が
ぶどう確率が良いと予想できるので
2が高設定と考えられます。

もちろん2が低設定の誤爆で
1が高設定の場合もあります。

しかし、設定狙いで重要なのは
その台を打つ根拠、になります。

データ1では

・ボーナス確率

しか高設定と考えられませんが、

データ2では、

・ボーナス確率
・ぶどう確率

2つが要素として加わります。

どちらが高設定かと考えたとき、
ひとつでも高設定の要素が強い方を選ぶべきです。

ジャグラーのぶどう確率は
大きな設定差はないと思われがちですが、

最終的にはこのような結果に
大きく繋がることになります。

もしこれまでの立ち回りで
ボーナス確率にしか
意識していなかった方は、

今回の記事を読んだあとは
ぶどう確率のことも意識してみてください。

まとめ!

今回の記事をまとめると、

夕方からジャグラーで勝つためには
スランプグラフなどで
ぶどう確率を予測して打つこと。

ぶどう確率が悪い台は
低設定の可能性が高いので、
避けるようにする。

ということです。

あなたがジャグラーで
夕方から勝つために必要な要素なので
必ず覚えておいてくださいね^^

スロット初心者が副業で月10万勝てる教科書【全3部作】を読めます

僕は学生の頃からスロットで2000万ほど稼いでいます。


才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。


ごく普通の一般家庭に生まれて、
学力も広島県で下から二番目の高校にギリギリ進学するレベルです。


バイトでは仕事ができない人間で有名でした。


バイト先の先輩に連れて行かれたスロットが原因で、
バイトで必死に貯めた150万の貯金をすべてスロットで溶かしたこともあります。


そんな僕でも期待値稼働というものに出会って、
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、
あっさりとプラス20万円を達成し、人生逆転できました。


期待値稼働を学ぶ過程で、
お店で勝つ台を見つける方法や、
負ける台を回避する方法や、
設定6を探し出す方法、
どうやって成果を出していくかなど、
普通にスロットを打っているだけでは学べないことを知ることができました。


その経験から、スロット初心者であっても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でもスロットで月10万程度なら
副業でも勝ち続けられると確信しています。


そして昔の僕のように負けて
お金に悩んでいる人が勝ち組に成長すれば


・勝ったお金で気軽に旅行に行ったり
・勝ったお金で好きなものを食べたり
・勝ったお金で欲しかったものを買ったり、プレゼントしたり、


といった今の人生を楽しむことに
勝ったお金を使える人が少しでも増えれば、
一度きりの人生を楽しむことができるようになる、
と本気で思っています。


そういった信念から、僕がどのように期待値稼働に向き合い、
150万負けた状態から今の勝ち組まで駆け上ったか、
そのノウハウを”3部作”の教科書にまとめてみました。


メルマガのなか限定で公開しています。


イラストも多く使っているので、
20分くらいでサクッと1冊読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。


「パチスロ初心者が月10万勝つための教科書」3部作を読んでみる


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。