kurea1

パチスロ【クレアの秘宝伝2】
設定判別・設定差についてまとめました。

この記事では、

・ボーナス確率・機械割

・設定差のある小役確率

・レア役+ボーナス出現率

・高設定示唆演出

について書いています。

高設定示唆はRT中にアリ!?

それではご覧ください

-----sponsored link-----

ボーナス確率・機械割

設定 BIG REG 合算 機械割
1 1/299 1/364 1/164 97.2%
2 1/292 1/341 1/154 98.7%
3 1/280 1/303 1/146 101.6%
4 1/265 1/287 1/138 106.1%
5 1/257 1/264 1/130 108.5%
6 1/232 1/232 1/116 114.6%

設定判別時のメイン要素としては、
ボーナス確率になっています。

高設定ほどボーナス確率が優遇され、
特にREG出現率には大きな設定差があります。

ただクレアの秘宝伝2は、
Aタイプの中ではハイスペック機となるので、

ホール側も設定6よりも
設定5でごまかすパターンが多そうです。

設定5でも機械割は108%もあるので、
終日打つことは確定となりそうですが、
やはり設定6のほうが魅力的です(笑)

設定差のある小役確率(設定6実践値)

小役 出現率
ベル 1/6.16
スイカ 1/98.7
チェリー 1/86.5
チャンス目 1/36.5
強チャンス目 1/7014

実践値引用元:ガイドステーション

こちらの数値は実践値ですが、
小役確率に設定差があることが判明。

おそらくこの中でもベル確率には
大きな設定差があると予想できるので、
現時点では実践値を参考にして立ち回りましょう。

※前作の「クレアの秘宝伝」のベル確率
設定1・・・1/8.29 設定6・・・1/7.53

レア役+ボーナス出現率(設定6実践値)

小役 出現率
チェリー 1/830
スイカ 1/3877
強チャンス目 1/5815
単独 1/5815
合算 1/553.8

実践値引用元:ガイドステーション

前作同様にレア役+ボーナス確率に
大きな設定差があると予想できます。

前作では設定1と設定6では
約2倍の差があり設定判別時の重要要素でした。

今作でも重要要素となりそうなので、
今後の解析に注目ですね^^

REG中のキャラ紹介

pika

pika1

REG中に出現するカードはいくつかありますが、
その中でも「銀・赤・金カード」は、
高設定ほど出現しやすい傾向があります。

その中でも赤のカードが出現した場合は、
設定5以上が濃厚となるので、
出現時はしばらく様子をみてみましょう。

RT中の演出

7種類のRTには、
それぞれ設定示唆演出が存在します。

  • 番長RT・・・456グラムちゅつげん
  • 吉宗RT・・・特殊画面
  • 鏡RT・・・青頂RUSH
  • シェイクRT・・・ピンク高確
  • 忍魂RT・・・666
  • ギラ爺RT・・・キキキーンSP音

出現時は高設定示唆となっているので、
RT中の違和感には常に注目しておきましょう!

設定別期待値

設定 期待収支
1 -13,440円
2 -6,240円
3 +7,680円
4 +29,280円
5 +40,800円
6 +70,080円

※8000Gで計算
※等価交換

今後も詳しい詳細が判明次第追加していきます♪