オススメ記事

ゆうべるがスロットを始めた理由/バイト編/前編

 

ゆうべるです!

 

 

今回は僕がスロットを始めたキッカケを記事にしたいと思います。

 

 

今から数年前‥‥

学生時代・・・

単純に学生時代にお金が欲しく、

求人情報誌を見ていたら家の近所で

時給が1000円以上だったのがパチンコ屋でした。

当時、スーパーのレジ打をしていたんですが

時給は800円くらいです。

 

仕事自体は楽な方だったんですが、

やはり時給が200円以上違うバイトだと

ひと月に1日5時間、週4日で働いたとして、

ひと月で2万も違います。

 

学生だとその2万がかなり大きい‥‥。

決心して、バイトを変えることにしました。

 

しかし‥‥

 

 

個人的にパチンコ屋のイメージが良くなかった

勝手な偏見でしたがパチ屋=元ヤン、もしくはチャラ男orギャルが働いている場所。

そんなイメージでした。

 

しかし現実は違う場所でした。

たしかに元ヤンやギャルとかはいましたが、

学費を払うためにコツコツバイトしていた大学生や、

将来のために貯金をしている真面目な人や、

ただ時給がいいから働いている人や、

色々な人がいました(これは後々知った)

 

面接の電話をした時もすごくハキハキした方がでて、

ものすごく丁寧だったのを覚えています。

 

後日、面接をして合格しました。

時給は最初は1050円くらいだったような‥。

 

とにかく、スーパーを辞めて

パチンコ屋で働くことになりました。

 

 

この時の僕はスロットもパチンコも全く知らなかったので

本当に最初大変でした。

(数字が揃うと当たりくらいしかわかりませんでした)

 

働いていたホールはスロットとパチンコが

両方ある普通のチェーン店で、

最初は「必殺仕事人」の島を任されたのですが・・・。

 

続く・・・

スロット初心者が副業で月10万勝てる教科書【全3部作】を読めます

僕は学生の頃からスロットで2000万ほど稼いでいます。


才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。


ごく普通の一般家庭に生まれて、
学力も広島県で下から二番目の高校にギリギリ進学するレベルです。


バイトでは仕事ができない人間で有名でした。


バイト先の先輩に連れて行かれたスロットが原因で、
バイトで必死に貯めた150万の貯金をすべてスロットで溶かしたこともあります。


そんな僕でも期待値稼働というものに出会って、
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、
あっさりとプラス20万円を達成し、人生逆転できました。


期待値稼働を学ぶ過程で、
お店で勝つ台を見つける方法や、
負ける台を回避する方法や、
設定6を探し出す方法、
どうやって成果を出していくかなど、
普通にスロットを打っているだけでは学べないことを知ることができました。


その経験から、スロット初心者であっても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でもスロットで月10万程度なら
副業でも勝ち続けられると確信しています。


そして昔の僕のように負けて
お金に悩んでいる人が勝ち組に成長すれば


・勝ったお金で気軽に旅行に行ったり
・勝ったお金で好きなものを食べたり
・勝ったお金で欲しかったものを買ったり、プレゼントしたり、


といった今の人生を楽しむことに
勝ったお金を使える人が少しでも増えれば、
一度きりの人生を楽しむことができるようになる、
と本気で思っています。


そういった信念から、僕がどのように期待値稼働に向き合い、
150万負けた状態から今の勝ち組まで駆け上ったか、
そのノウハウを”3部作”の教科書にまとめてみました。


メルマガのなか限定で公開しています。


イラストも多く使っているので、
20分くらいでサクッと1冊読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。


「パチスロ初心者が月10万勝つための教科書」3部作を読んでみる


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。