機種別解析

【鉄拳4】天井・ゾーン狙い初心者勝ち方まとめ

ゆうべる
ゆうべる
こんにちは、ゆうべるです。

今回は7月22日に導入する
「鉄拳4(6号機)」で
初心者が勝つための方法をまとめました。

鉄拳4で勝つために、
ぜひ活用していただければと思います。

鉄拳4で勝つための方法

まず最初に、
鉄拳4で初心者さんが勝つためには、
天井狙いという狙い方がおすすめ。

天井狙いとは?

天井狙いとは、お店に行ってハマっている台を見つけて、ボーナス当選までの投資を抑えて狙っていく打ち方。

詳しい天井狙いのやり方はこちらで解説をしています。

プロが教える天井狙い攻略講座

天井が発動するゲーム数

天井が発動するゲーム数
1000G+前兆

天井が発動したときの恩恵

天井が発動した時の恩恵は、

・バトルボーナス
・勝利ストック(1個)

が確定します。

バトルボーナスは完全自力バトルとなっており、
成立役に応じて展開が変化します。

敵のHPゲージを0にすれば勝利となり、継続。

6連勝で「EXバトル」に突入。
勝利することで87%ループの「デビルバトルボーナス」へ突入します。

【重要】天井狙いをするときの狙い目

400Gから狙う

ゆうべる
ゆうべる
鉄拳4の天井狙いをする時は、400Gから「バトルボーナス」に当選するまで狙っていきましょう!

天井狙いの期待値

現在調査中

天井狙いやめどき

ボーナス終了後、
有利区間ランプ消灯まで回してやめ。

(有利区間ランプはクレジットの右下のランプ)

平八ステージは超高確率状態なので、
転落するまで打ち、やめる。

通常時・ボーナス中の打ち方

通常時の打ち方

①左リール上段付近にBARを狙う

②左リール上段にスイカが出現すれば、
中リールBAR狙い、右リール適当打ち

③チェリーが出現は中リール適当打ち、
右リールはBARを狙う

ボーナス中の打ち方

押し順ナビに従い、
それ以外は通常と同じ打ち方でOK。

まとめ

6号機で初となる鉄拳4ですが、
今作も前作同様に天井狙い向けの台になります!

狙い目としては400Gから狙い、
やめ時としては有利区間ランプ消灯まで
打っていくのが初心者さんはおすすめです。

特に今作は天井到達時の恩恵が強く、
最低でも2連するのは嬉しいですね^^

6号機なのでコイン持ちも良く
お財布にも優しいので、
お店で鉄拳4の400Gを発見次第、
積極的に打っていきましょう〜!

今後新しい情報や狙い目が入り次第、
このページに追記していきいきますね^^

スロット初心者が副業で月10万勝てる教科書【全3部作】を読めます

僕は学生の頃からスロットで2000万ほど稼いでいます。


才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。


ごく普通の一般家庭に生まれて、
学力も広島県で下から二番目の高校にギリギリ進学するレベルです。


バイトでは仕事ができない人間で有名でした。


バイト先の先輩に連れて行かれたスロットが原因で、
バイトで必死に貯めた150万の貯金をすべてスロットで溶かしたこともあります。


そんな僕でも期待値稼働というものに出会って、
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、
あっさりとプラス20万円を達成し、人生逆転できました。


期待値稼働を学ぶ過程で、
お店で勝つ台を見つける方法や、
負ける台を回避する方法や、
設定6を探し出す方法、
どうやって成果を出していくかなど、
普通にスロットを打っているだけでは学べないことを知ることができました。


その経験から、スロット初心者であっても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でもスロットで月10万程度なら
副業でも勝ち続けられると確信しています。


そして昔の僕のように負けて
お金に悩んでいる人が勝ち組に成長すれば


・勝ったお金で気軽に旅行に行ったり
・勝ったお金で好きなものを食べたり
・勝ったお金で欲しかったものを買ったり、プレゼントしたり、


といった今の人生を楽しむことに
勝ったお金を使える人が少しでも増えれば、
一度きりの人生を楽しむことができるようになる、
と本気で思っています。


そういった信念から、僕がどのように期待値稼働に向き合い、
150万負けた状態から今の勝ち組まで駆け上ったか、
そのノウハウを”3部作”の教科書にまとめてみました。


メルマガのなか限定で公開しています。


イラストも多く使っているので、
20分くらいでサクッと1冊読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。


「パチスロ初心者が月10万勝つための教科書」3部作を読んでみる


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。