勝つためのパチスロQ&A

非等価のパチンコ屋へ行くメリットはありますか?【結論:メリット大アリです】

ゆうべる
ゆうべる
こんにちは、ゆうべるです。
僕の住んでいた広島県は10年くらい前から非等価になりました。

先日下記の質問を読者さんからいただきました。

ブログ読者さんからの質問

こんにちは。
ゆうべるさんは非等価のお店で打ちますか?
等価でないメリットがわからないのでよかったら教えてください。

どうぞよろしくお願い致します。

この質問に回答をしていきます。

非等価のパチンコ屋はメリットありますか?

メリット大ありです。

むしろ僕は非等価のお店で実践することが多いです。

理由としてはこちら。

等価のお店よりもライバルが少ない

からです。

詳しく深掘りします。

非等価はライバルが少ない?

世の中には等価と非等価のお店がありますが、
非等価のお店の方が圧倒的にライバルが少ないです。

ライバルが少ないということは、
勝てる台を他の人に取られる確率が下がるので、
結果的に勝ちに繋がっていきます。

住んでいる地域に5枚(等価)のお店があるのに
たまたまスロットを打ったお店が
5.5枚交換だったことに気づくと

読者さん
読者さん
うわ〜最悪だわ。もうこの店行くのやめて等価のお店に行こう

と感じませんか?

さらに非等価のお店で会員カードを作り
しっかりと貯玉して打っていたとしても

1日の再プレイ上限が500枚とかだと
さらに非等価のお店に行く気を無くしてしまいます。

でもよく考えて欲しいのですが…

それってあなただけが
不便に感じていることでしょうか?

そりゃあ地域に等価のお店があるなら
1000枚出したらきっちり2万円で交換したい。

5.5枚交換のお店で打てば
それだけで交換すると2万円よりも少なくなる。

となると、
等価のお店に天井狙いをする人や
設定狙いをする期待値稼働をする人は

ツノっち
ツノっち
どうせスロットを打つなら等価のお店で打ったほうがお得だ、

と考えるのです。

ライバルと逆の発想を持つ

ここで覚えて欲しいのは、
ライバルと逆の発想を持つということ。

あなたが「非等価は嫌だな」と思っているなら
それは他のライバルも思っていることです。

つまり、そう「嫌だな」と思ったときは
非等価のお店にあえて行ってみるのです。

5.5枚の非等価のお店や
再プレイが1日500枚と決まっているお店など

期待値稼働をしているライバルたちにとって
不利なことが多いお店に行ってみましょう。

僕の経験上からも言えますが、
不利なことが多ければ多いお店ほど
ライバルが少なくなります。

例えばお店が非等価になった月は
他の等価のお店にライバルが集まりやすいです。

理由は等価の方が交換したとき
換金ギャップがないからお得だからですね。

しかしその等価のお店で
天井1000Gの台でボーダー500Gの台でしか
打てなかったとします。

でも逆の発想を持って、
条件が厳しいお店へ行くとどうでしょうか?

みんな等価のお店ばかり集まるから、
一気にライバルが少なくなります。

そうなると非等価ではありますが、
天井1000Gの台でボーダー700Gの台を
ぽんぽん打てたりします。

ゆうべる
ゆうべる
ぶっちゃけ僕が打つお店は非等価ばかりです

さらにお店が非等価に変わった瞬間は
そのお店に高設定が入りやすかったりもします。

そうなると他のライバルは等価のお店で実践していますが、
あなたは高設定を打つこともできるので、
狙う選択肢も増える。

そうなると、
より高い期待値を積むことも可能になるのです。

非等価のメリットまとめ

なので、非等価のメリットは、
ライバルが少ないということです。

あなたにとって条件がきついことは
他のライバルにとっても条件が厳しいことになります。

不安に思うことはライバルも不安に思います。

読者さん
読者さん
これはチャンスだ!

と思って逆の発想を持つ人と、

読者さん
読者さん
あ〜〜等価じゃないからだめだ

と思う人では結果に大きな差が出るのは明白ですよね。

あなたにとって不利な状況こそ、
実はスロットで稼ぎやすかったりするものです。

その結果、
スロットで勝ってるようになって楽しいのはもちろん、

・好きな服を買うことができたり
・趣味の旅行代に使うことができたり
・彼女にプレゼントをあげたり

このような人生へと変化していきます^^

ぜひ今日伝えた内容を
今後の実践に使ってみてください。

それでは〜!

スロット初心者が副業で月10万勝てる教科書を読めます

僕は学生の頃からスロットで2000万ほど稼いでいます。


才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。


ごく普通の一般家庭に生まれて、
学力も広島県で下から二番目の高校にギリギリ進学するレベルです。


バイトでは仕事ができない人間で有名でした。


バイト先の先輩に連れて行かれたスロットが原因で、
バイトで必死に貯めた150万の貯金をすべてスロットで溶かしたこともあります。


そんな僕でも期待値稼働というものに出会って、
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、
あっさりとプラス20万円を達成し、人生逆転できました。


期待値稼働を学ぶ過程で、
お店で勝つ台を見つける方法や、
負ける台を回避する方法や、
設定6を探し出す方法、
どうやって成果を出していくかなど、
普通にスロットを打っているだけでは学べないことを知ることができました。


その経験から、スロット初心者であっても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でもスロットで月10万程度なら
副業でも勝ち続けられると確信しています。


そして昔の僕のように負けて
お金に悩んでいる人が勝ち組に成長すれば


・勝ったお金で気軽に旅行に行ったり
・勝ったお金で好きなものを食べたり
・勝ったお金で欲しかったものを買ったり、プレゼントしたり、


といった今の人生を楽しむことに
勝ったお金を使える人が少しでも増えれば、
一度きりの人生を楽しむことができるようになる、
と本気で思っています。


そういった信念から、僕がどのように期待値稼働に向き合い、
150万負けた状態から今の勝ち組まで駆け上ったか、
そのノウハウを教科書にまとめてみました。


メルマガのなか限定で公開しています。


イラストも多く使っているので、
20分くらいでサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。


「パチスロ初心者が月10万勝つための教科書」を読んでみる


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。