こんにちは、ゆうべるです。

「ホールに行っても勝てる台が見つからない…」

「1日ホール内をうろうろしたのに
 ほとんど打てなかった…」

ということ、
一度はありませんか??

実はその原因は、
ホール選びに原因があるかもしれません!!!

っと、少しオーバーに書きましたが、笑
実は本当のことなんですよね^^

ということで今回は、

ゆうべる
勝てるホール選びをしないと、
永遠にスロットで勝てない説!!!

についてお話していこうと思います。

あなたがホールに行って

・勝てる台が見つからない
・打つ台が見つからない

このような状況なら
今回お伝えすることを知っておくと
すぐに活用できるので参考にしてみてください。

県外に出張して体験したこと

実はつい先日ですが、
県外に出張に行っていました^^

なぜ県外に出張していたかというと、

僕が運営しているスロットコミュニティ
「パチスロ下剋上」参加者さんの地域で
1日個別研修を行っていました。

ゆうべる
毎日たくさんの方が
参加してくれています^^

それで実際に参加者さんと

・勝てるホールの回り方
・勝てる台の探し方
・一緒にホール選びしたり
・機種の特性を教えたり
・データ機の見方
・ホールの癖の見抜き方
・ライバルの見抜き方

などなど…

僕が目の前で手取り足取り
個別でお伝えしていました。

研修当日は
天井狙いをメインで立ち回ったのですが、

僕自身初めて行った地域なのにもかかわらず
かなりの台数を打つことができました。

ゆうべる
それがコチラ!!!

※一部を紹介※

1)リング2:当日570G
2)ロードオブヴァーミリオン:950G
3)凱旋900G
4)サラ番:192G(ゾーン狙い)
5)黄門ちゃま印籠ポイント230pt
6)バジリスク絆268G+?(α)
7)AKB女神625G
8)バジリスク絆6スルー+100G
9)バジリスク絆350G

などなど…

参加者さんと新しいホールを
車で一緒に移動し、選びながらでも
これだけの台数を打つことができました。

(収支はプラス4万くらいでした)

一応今回の1日研修の目的は
勝てるホール開拓がメインだったので、

途中で期待値があっても
台をパスしたりしていたので、
すべてを打つともっと打てていましたね^^;

初めて行った地域
たくさんのホールをぐるぐる回っただけで
これだけの台数を打つことができたし、

さらに今後はホールに行く順番や
ライバルの調査などを行っていけば
もっと効率よく立ち回れるかと思いました。

参加者さんも非常に満足していただき、

「また次も研修受けたいです!!!」

と言っていただいたので
僕自身もすごく嬉しくなりました。

※後日いただいた嬉しいLINE※

なぜ初めて行った地域でこれだけ打てたのか?

実際に読者さんから
よく質問をいただく内容として、

「ホールに行っても打つ台が見つかりません」

「ホールに行っても勝てる台が見つかりません」

「どういったところを見ればいいかわかりません」

ということを毎日のように相談されます。

でも、僕はなぜ初めて行った地域で
さらには色々なホールを回っただけで
これだけの台数を打つことができたのか??

その答えは非常にシンプルで、

勝てるホールを探しに行ったから、

これを参加者さんの地域で行ったからです。

例えば僕は家の目の前が
スロット専門店ですが、
そのホールにはほとんど行きません。

(徒歩2分です)

僕が稼働するとなると
車でわざわざ30分くらいかけて
遠くのホールへ足を運びます。

なぜ家の目の前のホールで打たず、
30分かけて遠いホールに行くか?

というと、

そっちのほうが
圧倒的に勝ちやすいホールだからです。

例えば僕が家の目の前で
天井狙いをしようとすると、

ライバルがめちゃくちゃいて、
ほとんど台を打つことができない。

そりゃ終日ホール内でうろうろしていると
多少は打つことができると思いますが、
せいぜい2~3台が限界ですね。

(時給300円くらい?)

でも、僕はわざわざ
車で30分離れた場所に稼働しに行くと、

「あ、これも打てる台だ」

「どっちも美味しいだけど、どちらを選ぼうかな…」

といった美味しい環境があるので
ストレスなく台を探すことができ、
勝つ台を選ぶことが可能になります。

実際、今回僕の1日研修を受けた方も

「あそこのホールは遠いから
 あまり行きたくありません…」

「あそこは行ったことがないので、
 行きたくありません…」

と最初は僕に話してくれたのですが、

ゆうべる
スロットで勝つには
勝てるホール選びがマジで重要ですよ!

と、半場強制的に
たくさんのホールを回りました。

そして1日研修が終わった後は、

「ゆうべるさんの言った通り、
 勝てるホール選びって本当に重要なんですね」

「自分が通っているホールが
 どれだけ勝ちにくいホールかすごく分かりました」

「明日は今日行ったホールに再度言って
 勝ちやすい時間を調査したいと思います!」

と、このように実感していただけました。

分かっていただいて
本当にうれしかったです^^

なので、
もしこの記事を読んでいるあなたも
ホールに行って思ったほど

・勝てる台が見つからない
・打つ台が見つからない

そのような状況が多い場合は
ホール開拓(選び)が不足している可能性があります。

あなたが思っているホール開拓の
1.5倍くらい範囲を広げてみると
ちょうどいいかもしれません。

一番良くないのが、
ホール開拓をほとんどせず、

勝てるホールが他にあることも知らず、
勝てないホールで立ち回っていることです。

勝ちにくいホールでも
なんとか1万くらいは勝てますが、

勝ちやすいホールだと
うまくやれば2万くらいにもなったりもします。

この差はかなり大きいですよね?笑

ホール選びをしっかりとするだけで
これだけの差が開くので
必ず行うようにしましょう。

実は設定狙いにも活用できる…!

他にも設定狙いにも
これが活用できるんですけど、

「このホール、いつも出てるから
 高設定が使われている!」

「けど、なかなか勝てない…」

ということ、結構ありますよね?

実はこれは、
ホールに高設定はあるけど、
勝ちにくいホールなんですよね。

設定狙いでは、
ホールのどこかに高設定がある、
という状況で立ち回るのではなく、

自分が狙った台が
高設定ではないといけません。

だからいくら高設定が入っていても
自分が狙った台に高設定が入らなければ
そのホールは勝てるホールとは言いません。

このあたりは設定狙いをやるときに

「いつもこのホール出てるから勝てそう!」

と、つい陥ってしまいそうなワナですが、

ホールの戦略に
惑わされないようにしたほうがいいですね^^

ぜひこの記事を読んだあなたも
今日から意識してみてください。

P.S.

実はこの1日研修の日に
最後に入ったホールで、
バジリスク絆の350Gを打ちました。

するとすぐにバジリスクチャンスに当選し、
見事バジリスクタイムへ突入。

すると!!!

閉店30分前に真瞳術チャンスへ突入し、
ストック10個も上乗せしてしまいました(苦笑)

そして閉店したときには
ワイルドアイズが流れて
閉店してしまったという…笑

取り切って終了が一番よかったですが、
しっかりと収支がプラスになったので、
1日研修の締めとしては良かったと思います^^