こんにちは、ゆうべるです。

最近よく天井狙い稼働をするんですけど、
その稼働中に

「〇〇って大事だなぁ」

と、思ったことについて
お話していこうと思います。

-----sponsored link-----

ある日、

いつものように通っている
マイホに行ったときのことです。

ホールに入ろうと思ったら
おそらく20代前半?の方と
同じタイミングで入店したんですよね。

僕は彼よりも少し入店が早く、
僕がスロットコーナーに入ると、
同じように後ろをついて来て、

彼はスロットコーナーに入ると、
端からデータ機をぽちぽちと押して、
宵越し狙いを探し始めたんですよね。

どうやら天井狙いをするための台を
探している様子です。

僕は真後ろで彼が探し始めたので、
急ぎ気味で天井狙いするための台を探し

ホールにあるすべての台を
端から端までチェックしました。

するとどうでしょうか・・

後ろから鬼のようなスピードで
彼が追ってくると思っていたのに、
全然ついて来ていない・・・

「天井狙いをしにホールに
 来たわけではないのかなぁ」

そう思い、
そのまま島をチェックし終わり、

打てそうな台がなかったので
ホールを出ようとしたんですよね。

すると、同じタイミングで入店した
彼を見つけました。

「どんな台を見ているんだろう?」

そう思い、
通り過ぎる時に彼の行動を見ていると、

彼はホールに入店してすぐ目の前にある
「ケロロ軍曹700G」を

データカウンターをぽちぽちしながら、
スマホで狙い目を調べていたんですよね。

(ちなみに見ていたのは29伝説さんでした)

そこで僕は思いました・・・。

機種の情報を知っておくことって、
立ち回る上ですごく重要んだな、と。

僕ももちろんですが、
ケロロ軍曹はチェックしました。

しかし、
ケロロ軍曹は700Gだと打てないことを
即座に判断できたので無視し、

その後ホール内のすべての台を見て、
他のホールに移動することができました。

(入店して約200台近くを5分くらいで見ました)

でも、情報を頭の中に入れていなかった彼は、

ホールに入店して10台目で見つけた
ボーダーよりも低いケロロ軍曹に
時間を取られてしまっていたのです。

ここで注目して欲しいのは

あらかじめ機種の狙い目を

頭に入れておくことが大事、

ということ。

同じタイミングで入店しても、
知識の量で探す台数が変わる、ということです。

天井狙いできる台を探す量が変わると、
自然と稼働できる台数も増えます。

稼働できる台数が増えるということは、
それに比例して収支も上がる、ということです。

正確なゲーム数を覚えておけば、
立ち回りのスピードは上がりますからね。

機種の狙い目をしっかり覚えておくことで、
狙えそうな台はそこで一旦台をキープして、
再度歩きながらスマホで調べて、

ボーダーより上なら打てるし、
ダメなら空き台にすればいいんですよね。

知っておくだけで同じ時間でも
僕は200台近く見れて、
彼は10台しか見れなかったのです。

この190台のチェックの差は
めちゃくちゃ大きいですからね。

「そういえば機種の狙い目を
 全然覚えてなかった!!!」

という方は、
この機会にぜひ覚えてみてください。

狙い目を覚えるだけで
チェックできる台数が増え、

天井狙いで打てる台数が
多くなりますので^^

こちらに狙い目をまとめているので
チェックしておくのもいいと思います。

天井狙い機種別狙い目

他にもこちらの記事で

「パチスロの稼ぎ方講座」

という記事をまとめているので
こちらも一緒に読んでみてください^^

パチスロ稼ぎ方講座