こんにちは、ゆうべるです。

「本当にホールに高設定ってあるの?」

「あったとしてもどんな機種を
 狙っていけばいいの?」

と思ったことありませんか?

設定狙いを始めたけど、

高設定を打ったことがないから
高設定があるかもわからないし、

どんな台を狙ったらいいか分からない・・・

と一度は思ったことあるはずです。

そこで今回は、

”本当にホールに高設定はあるの?
 設定狙いで勝つには3つのポイントに注目!”

についてお話していきます。

あなたはこの記事を最後まで読むことで、

どのような台を打てば
高設定を打つことができるか?

ということが分かり、
その狙い方が簡単に分かるようになります。

難しい方法ではないので
設定狙いをする方は、
ぜひ取り入れてみてください^^

-----sponsored link-----

ホールにある高設定の現実

番長3 操 雫

まず結論からして、

ホールに高設定は

かなり少ないです。

「どのくらい少ないか?」

っていうのは
ホールによって違うのでアレですが、

例えば僕の地域一番の優良店の
月に1度のイベントでも、

バジリスク絆に設定6が1台、
もしくは2台投入、

番長3にも1台、
まどかマギカにも1台、
ミリオンゴッド凱旋に1台、
ジャグラーシリーズにちらほら

くらいの感覚です。

ネットの情報を見ていると
都内だと全6機種なども
多数あるのかもしれませんが、

僕の住んでいる地域は
まぁまぁ田舎の地域なので、

全6イベントなんて
まったくしないんですよね。笑

なので、設定狙いをするときは、
高設定の入る機種選定に
すごく時間をかけないといけません。

例えばオーソドックスの
高設定が入る機種の傾向としては、

・設置台数が多い機種
・人気のある台(稼働のある台)
・出玉アピールがよくできる場所

基本はこの3つです。

この3つに注目して機種を探せば
高設定が入る機種が
分かるようになります。

設置台数が多い機種

設置台数が多い機種は、
ホールの看板機種の傾向が非常に高いです。

ホールに設置してある
多い機種といえば、

・バジリスク絆
・番長3
・ミリオンゴッド神々の凱旋
・ハーデス
・北斗シリーズ
・ジャグラー
・ハナハナ

この機種がほとんどだと思います。

なぜホールは設置台数が多い機種に
高設定を入れる傾向が高いかというと、
ホールの信頼につながるからです。

お客さんとしては、

「これだけ設置しているから
高設定が1台くらいあるだろう!」

そう思って設定狙いをしたとき、
1台も高設定がない場合は、

そうなってしまいますよね^^;

そうなると、
ホールの信頼度はガタ落ちします。

ホールの信頼度が下がると
悪い噂が流れるようになります。

悪い口コミってすぐに広まるので、
結果的にお客さんが少なくなり、
ホール側は儲けることができなくなります。

そうなってしまうと、
経営自体が成り立たなくなるから、
そこは避けたい部分なんですよね。

だから、ホールは
設置台数の多い機種は、

高設定を入れて
大切に扱うことが多いです。

人気のある台(稼働のある台)

これはさきほどと少し似ていますが、
常に常連客から人気のある台ですね。

例えば、ジャグラーとか、ハナハナなどの
ノーマルタイプのことが多いですね。

ジャグラーを打つ方は、
そのホールに来ることが好きで
来店してくれるお客さんが多いです。

わざわざ好きで来てくれているのに
毎回毎回低設定で出玉にやる気がないと、

このような考えになってしまい、
お客さんの減少に繋がってしまいます。

ホールとしてはそのようなことを防ぐため、
設定6ではないにしろ、

設定4・5などを投入して、
人気の機種を大切にする傾向があります。

出玉アピールがよくできる場所

ホールは高設定を投入したときは、
しっかりと出玉アピールをして
他のお客さんに見てもらいたいもの。

ってことをアピールしたいんですよね。

でも、高設定を投入する場所が、
ホールの一番奥の機種だと、

お客さんの目に留まる機会も少ないので
出玉アピールとしては少し弱いところ。

どうせなら色々なお客さんに見てほしい。

そう考えていくと、
お客さんがよく通る場所などに
高設定を投入する可能性が高いですよね^^

例えば、

・カウンターの前
・メイン通路の近く
・シマの角付近
・トイレの近く

など、お客さんのよく目につくところに
高設定を入れる傾向があります。

ホールによってアピールする場所は違うので、
どこにメイン機種を設置しているか?
などにも注目していくようにしましょう♪

以上が、3つのポイントになります。

この3つはあくまでベースですが、
まずはここを注目していくようにしましょう。

その後は、
例えばバジリスク絆を狙うとしても、

ただ狙うのではなく、
色々なことを考えて狙うことが重要。

・高設定は前日負けている台に入るのか?
・絆はホールの看板機種なのか?
・絆はお客さんから見えやすい位置にあるのか?
・高設定が入る場所はどのあたりなのか?
・先頭集団は絆を取っているか?
・どのくらいのペースで高設定が入るのか?

ということを考えていくのがいいですね。

実はこの考えるって工程
めちゃくちゃ大事で、

ただ闇雲に台に座っただけでは、
設定狙いでは勝てないんですよね。

例えばホールに250台
スロットが設置してあって、

ただなんとなく
空いている台に座って打つと、
高設定を打つ確率は1/250です。

でも、
しっかりとホールの調査をして、

「このホールは

 ここに高設定が入る!」

ということが分かれば、

1/250→1/10くらいまで
一気に狙いを絞ることも
十分可能になるんですよね。

結論として

設定狙いで勝つためには

ホールにある設置台数から
高設定投入に期待ができる機種を
どんどん絞っていくことが大事です。

なので、設定狙いで高設定を打つためには、

高設定が入る機種を
打たないといけないってことです。

たまに高設定が入る
機種を狙うのではなく、

高確率で高設定が入る
機種を狙わないといけません。

設定狙いを始めたけど、

「イマイチ結果がついてきていない!」

「設定狙いで勝てない!」

と思うような結果が出ない方は、

ぜひ一度このことを
意識してもらえればと思います。

おそらく、
高設定が入る機種を狙うだけで
設定狙いの勝率はかなり上がります。

ぜひ活用してみてください^^