ゆうべる
こんにちは、ゆうべるです。

あなたはスロットで勝つために
設定狙いをしたとき、

読者さん
設定狙いマジ勝てない…もう無理なんだけど…

そう思ったことはありませんか?

実はあるたった1つの考え方で
あなたの収支はプラス収支へと
簡単に転換するのです!

最後までしっかり読んで
あなたの稼働に活用ください!

設定狙い無理!と思う理由

まず、先に結論からお話します。

あなたが設定狙いで勝てない理由は
設定狙いで無理に勝とうとするからです。

あなたがスロットで勝つためには
設定狙いでも天井狙いでも

プラスの期待値を取ることが
何よりも重要ですよね?

※期待値についてはこちら※
(読んだら戻ってきてください)

天井狙いで勝つなら
狙い目とやめ時が多少ズレていても
プラスの期待値がゼロになることは
ほぼありません。

しかし設定狙いではどうでしょうか?

設定狙いで勝つには
高設定を確実に打たないと
プラスの期待値を取ることができません。

よく、

「設定狙いで大事なのは設定差だ!」

ということを聞いたことありませんか?

たしかに設定差のある部分は
重要だと思います。

でも、僕はこれまでに
設定狙い専門の専業もしてきたし、

設定狙いだけで
ゆうに1000万以上は勝ってきました。

(累計だと2000万以上)

この僕の経験から言うと、
設定差などのポイントは、
あくまで判別要素の補足程度だと言えます。

設定狙いでは台に座った時点で
勝つか、負けるかは、
ほとんど決まっています。

あなたが狙った台を確保できれば
後はあなたの読みが当たっているかどうか、

設定判別をして
設定の確認をしているのです。

っといっても、
少し難しく聞こえるかもしれないので、
イメージで言うと、

設定6確定演出が出た台を
もしもらえたとすると…?

もうその台って
設定判別は必要ありませんよね??

設定判別が不要な理由は
もうすでに設定6確定演出が
発生したからですよね??

ということは、
打ち始めてどれだけダメな挙動でも
設定6は設定6ということです。

なるほど…設定6が確定したから、判別はもう必要ないということだね

よく読者さんからいただく質問で、

読者さん
ジャグラーの履歴で高設定と思える台を毎回打っているのに負けています!どうしてですか?

という相談をいただきます。

僕は状況は分からないですが、
毎回お答えしているのは

ゆうべる
もしかするとその台は高設定ではなく、低設定の誤爆を打っているだけの可能性があります

とお答えしています。

AT機だと設定1でも
3~4000枚出ることがありますが、

ノーマルタイプだと出ないんじゃないか?
と思うかもしれませんが、出ます。

さすがに万枚とかは出ませんが、
ノーマルタイプでも設定1でも
4000枚くらいは出ることがあります。

その部分を勘違いして打つと、
高設定と思っていても実は低設定で
期待値マイナスの部分を打っている、
と勘違いしてしまいます。

たしかにそれが設定狙いの難しい部分だよね…

立ち回りにこだわる必要はない

結局のところ、

スロットで勝ちたいのか、
設定狙いで勝ちたいのか、
その部分だと思います。

もしあなたがスロットで勝ちたいなら
立ち回りはこだわる必要はありません。

天井狙いでも
ゾーン狙いでも
リセット狙いでも
MB狙いでも

いくらでも立ち回りはあります。

だから、設定狙いにこだわらず、
ホールで一番勝てる台を打てばいいのです。

※メルマガではスロットで
月10万勝つ方法を解説しています!※

しかし、設定狙いで勝ちたいなら
設定狙いで勝つための
勉強をしないといけません。

先ほどもお話しましたが、
設定狙いをするときは
設定差のポイントはそこまで関係ありません。

大事なのはその台を打つ根拠です。

前日の下見、
朝一のライバル状況、
周りの台の挙動、

など、このような部分が
設定狙いでは一番重要です。

設定狙いは高設定を打てば
高い期待値を取ることができる立ち回りですが、

その地域の設定状況や
ライバルの状況などですごく変化します。

なので、どうしても設定狙いで勝てない時は
天井狙いに切り替えていいと思います。

スロットで勝つことが目的なら
設定狙いでも天井狙いでも
あまり関係のないことだからです。

収支を比べてみる

僕らがスロットを打つ理由は
勝つことが目的です。

だから、収支がプラスにならないなら、
一度他の立ち回りの収支と
比べてみることをおすすめします。

例えば設定狙いで
負け、負け、勝ち、負け、負け
となるのであれば、

天井狙いで
勝ち、負け、負け、勝ち、負け、

と、なるほうが収支としては安定します。

ゆうべる
一撃の期待値(設定狙い)を取るのではなく、細かい期待値(天井狙い)を取る方が安定感があるということです

設定狙いで立ち回ったときの時給、
天井狙いで立ち回ったときの時給、
を比べてみるようにしましょう。

まとめ!

今回の記事をまとめると、

スロットで勝つためなら
設定狙いにこだわらず、
他の立ち回りも視野に入れる、

ということです。

僕らの目的は、
スロットで勝つことです。

設定狙いにだけこだわって
勝てなかったら意味ありませんからね。

ぜひ今日から活用してみてください!