こんばんは、ゆうべるです!

 

今回は新規ホールを開拓する時の条件の1つを紹介します。

スロットハイエナ初心者でも勝ちやすいホール

それは・・・

 

貯玉が出来ることです。

 

-----sponsored link-----

 

貯玉をするにはどうすれば良い?

tyodama

ホールに行った時は、会員カードが作れるか

まず必ずチェックしましょう。

貯玉ができるお店はほぼ会員カードがあります。

逆を返せば会員カードがあるホールは

貯玉ができることが多いです。

天井狙いをするには貯玉だけで打つようにして、現金投資を控えるようにする事がとても大事です。

それでは会員カードの簡単な説明です。

 

ホールの会員カードを作るメリットは?

ka-do

貯玉を貯めたりできるのはもちろん、

会員カードを作るだけでも特典があります。

  • 傘を貸してくれる
  • 携帯の充電器を貸してくれる
  • 来店ポイントが貯まる
  • 閉店時間を過ぎても5分延長遊戯できたりする
  • 住所を登録すればお得なダイレクトメールがくる

などホールによって異なりますが、

お得なことばかりです(^^)

もしATが閉店まで続いて取りきれない時、

会員カードがあれば他の人よりも5分長く打てます。

いざその状況になった時に急いでカードを作るより

事前に会員カードを作っておくことをオススメします(^^♪

 

他にもこの間、来店ポイントの交換会が行われた時に

ゴミ袋2つと食器用洗剤をGETしました(金額だと400円くらい?)

この特典プラス貯玉もできるホールなら天井狙い優良店間違いなしです!www

 

貯玉をすることによるメリット・デメリット

kankinritu

メリット

  1. 交換せずメダルを貯めることで換金ギャップがない
  2. メダルを持たずに流すことで台移動が楽
  3. 端数も貯めれるので塵も積もれば山となる
  4. 打ち始めの枚数と打ち終わりの枚数が正確にわかる

 

デメリット

  1. ホールが潰れたら貯玉補償基金に加入していないホールだとメダルが引き出せなくなる
  2. ホールの換金率が変わると損をする場合がある
  3. 貯玉が多すぎると店員に良い目で見られない
  4. 色んなホールの会員カードを持っていると財布が分厚くなる

 

デメリット1番の貯玉補償基金を説明します。

 

貯玉補償基金とは?

tyodama3

加盟店が会員の皆様からお預かりしている貯玉/貯メダルは、万一、交換が不能となった場合でも、貯玉補償基金が加盟店に代わって補償いたします。

貯玉補償基金が実施する補償は、賞品(カタログ掲載商品又は一般雑貨等)で行われます。現金、商品券、金券その他これらに代わるものとの交換は、一切できません。

引用元:一般社団法人 貯玉補償基金

簡単にまとめると、ホールが潰れても貯玉補償基金

加盟していれば現金には無理ですが、カタログに

載っているものに交換できますよって事ですね。

ここで注意ですが

全部のホールは加入していません。

これから貯玉するホールやすでに貯玉をしているホールは

一度調べたほうが良いですね。

ちなみに僕のNO.1マイホは加入していません!笑

加入店検索はこちら

引用:一般社団法人 貯玉補償基金

 

貯玉のルール

ru-ru

ホールによって貯玉のルールは様々です。

  • 再プレイ上限なし
  • 再プレイ500枚まで無料
  • 再プレイ500枚まで無料(当日分は引き出しOK)

などホールによって違うので店員さんに確認してみると

良いですね(^^)/

 

まとめ

ホールを探すときはまず

  • 会員カードがあるか
  • 貯玉は出来るか
  • 貯玉できるならルールを聞く
  • 打つ台がなくても会員カードをあらかじめ作っておく

少し面倒かもしれませんが作っておくと

本当にお得なのでオススメします(^^)