ゆうべるです!

 

8月も最終日になりました。

-----sponsored link-----

 

思い返せば今月は勝ったり負けたりの

UPDOWNが多かったです。

 

ハイエナを始めてから長期連休だけで考えると

大負けした月がまだなかったので、

とにかく勝ちたい!」という感情のほうが

今月は大きかったので少し低めの

ボーダーから打ったりした結果、

お盆休みだけで全然数打ってないのに

8万負けという大敗になりました。

 

ゆうべるはスマホの収支アプリを使っているのですが

打ち始めのゲーム数

宵越し狙いをした時にリセットされていた時(どんな台が)

 

これらは必ず収支表に打ち込んでいます

 

今月の収支を振り返った時に、

「少し打ち始め早かったかなー」と思う台が何台かありました。

 

打ち始めも大事ですが、天井狙いをするにあたって

打ち始めより、ヤメ時のほうが難しいです。

 

例えば、ホールに行くと「ミリオンゴッド神々の凱旋」の

当日700Gが落ちていたとします。

 

それを700Gから打ち始めると期待値がだいたい3000円くらいあります。

 

しかし10Gでも前に打ち始めると期待値は

少し下がります(だいたい100円前後)

それプラス、ヤメ時が決まっているゲーム数が

あるのにAT終了後に5G多く回したとします(50円前後)

 

すると期待値だけでも150円マイナスになるわけです。

 

少し考えてみましょう。

打ち始めゲーム数は700Gのままで

ヤメ時を少しは早くしてみましょう。

勿論、何も知らずにヤメ時を早めるだけではありません。

少しネットで調べてみましょう。

すると

ヤメ時で32Gは回し過ぎ

GZONE抜け後、出目を見て数字が弱かったらヤメ

など色々書いてあります。

 

一概にどれが正しいとは言えませんが僕は

10G程度回して、出目が弱かったらヤメ

にしています。

(凱旋が出た初めのころはスマホで出目を調べながら打ってました)

 

するとどうでしょうか?

3000円の期待値が若干ではありますが多くなります。

勘違いしてはいけないのが、全部の台を早めにヤメるのはよくありません。

期待値は天国などのモードも考慮して計算されています。

 

それを無視して打ち始めを早めたり、ヤメ時を決めずになんとなく128Gまで回したり、

そんな事をしていると、どんどん期待値は下がります。

 

ですがこれだけは言い切れます。

 

自分自身の知識の多さで期待値は上りもして下がりもします。

 

ハイエナで勝とうと思うならまずは調べてみてください。

 

そこから何かわかることもあるはずです。

 

文章がわかりにくかったりした部分があるかもしれませんが、今回は少し期待値の事を考えてみました。

 

近々「ハイエナ初心者の考え方」を記事にしたいと思います。