h-ruidou

こんばんは、ゆうべるです!

 

 

前回、パチスロで勝つために

新規ホールを開拓する時

貯玉ができるホールで打った方が

お得で勝ちやすい事をお教えしました。

 

前回の貯玉についての記事はこちら

↓↓↓

スロットハイエナ初心者でもわかる!新規ホール開拓方法/貯玉のやり方・メリット・デメリット・貯玉補償基金について/3章

 

今回はホールが密集している地域が

なぜオススメなのか?

理由をお教えしたいと思います!

-----sponsored link-----

 

ホールが密着していると

 

ハイエナしている人も多いんじゃない?

 

と思うかもしれませんが

ぶっちゃけ、たしかに多いです。

しかしその分だけチャンスも現れます。

 

目次(クリックで該当箇所にジャンプ)

どんなホールが良いか??

ho-ruidou2

ではいつも行くメインホールを例にしてみます

A店 客の多さ★★★☆☆

パチンコ・スロット店

大規模ホール

貯玉引出上限なし

交換率:5.5

リセット状況:深いゲーム数はリセット

(凱旋だと650付近はリセット確認済み)

前日ゲーム数:データ機で見れる

B店 客の多さ★★☆☆☆

スロット専門店

小規模ホール

貯玉引出上限なし

交換率:5.1

リセット状況:ある一定の条件でリセット

前日ゲーム数:見れない

(ボーナス20回までは計算することで算出可能)

C店 客の多さ★★☆☆☆

パチンコ・スロット店

中規模ホール

貯玉不可

交換率:5.4

リセット状況:リセットしない

前日ゲーム数:データ機に表示

 

A店とB店の距離は歩いて5分圏内です。

どちらかと言うと

B店の方がハイエナしやすいので

メインはB店に滞在し打つ台が無くなると

A店に移動しての繰り返しで

行ったり来たりを繰り返しています。

 

それでも拾えない時にC店をチラッと見に行きます。

たまーに宵越しで深いゲーム数が落ちているので

見逃せませんね(^^♪

 

サラリーマンだと稼働できる時間が限られているので

効率よくホールを回らないと勝ちにくいです。

 

そのため効率よく回る作戦を考えた方が良いですね。

 

僕自身、今回例に出したホール以外に他にも

セットで行くホールがあります。

 

某系列店と地域型のチェーン店が

向かいにあるホール

ですがこちらも

夕方からの稼働だと利用することが多いです。

D店 某系列 客の多さ★★☆☆☆

パチンコ・スロット店

中規模ホール

貯玉引出上限なし

リセット状況:据え置き

前日ゲーム数:データ機に表示

E店 地域型チェーン店 客の多さ★★★☆☆

パチンコ・スロット店

中規模ホール

貯玉引出上限なし

リセット状況:ハマリ台のみリセット

前日ゲーム数:データ機の表示方法変更で見れる

この二店舗は向かいにあるので

移動時間が全くなく

ハマリ台を一気に二店舗見れます。

しかしこの好条件だと

必然とハイエナライバルも多くなるのがネックです。

 

 

仕事終わりの稼働ならD・E店

週末からの稼働ならA・B・C店と

行く条件によって使い分けています。

 

まとめ

ホールが2・3店密着しているホールの方が

移動の効率が良いのでおススメです(^^)

 

1回、ピーワールドのマップ画面で

近接ホールを探してみるのはどうでしょうか?(^^♪