今回の講座では

”データカウンターの見方”

についてお話します。

パチンコ屋さんに数回くらいしか
入ったことがないほど、
本当の初心者さんに向けです。

データカウンターの見方が分からないと
稼げるものも稼げないので
大事な範囲だと思って書いています。

それではご覧ください^^

データカウンターの見方

パチスロで稼ぐために
最低限必要な知識として、

データカウンターの見方を
覚えるのは本当に大事です。

ホールごとにデータ機の種類は違いますが、
基本的には見方は一緒です。

実際のホールに設置されている
データカウンターの写真を使って
説明していきます。

まずはこちら。

丸で囲ってあるのが今のゲーム数です。
現在は82Gですね。

スロットを1回転回すと
ゲーム数カウントが1増えます。

すると回転数は83Gとなります。

今後は左側の「赤色の20」の数字。
これは大当たり回数です。

大当たりは”BIG BONUS”ともいうので
データ機によっては略して「BB」と
書かれているパターンもあります。

機種にもよりますが大当たりを引くと
大当たり回数が1カウントされ、
同時にゲーム数が「0」にリセットされます。

真ん中の上側の「オレンジの10」の数字。
これは小当たり回数です。

小当たりは”REG BOUNUS”ともいうので
略して「RB」と書かれています。

これも大当たり同様に、小当たりを引くと
小当たり回数が1カウントされ、
同時にゲーム数が「0」にリセットされます。

こちらの四角で囲ってある部分は
「当たり履歴グラフ」になります。

左から右へ前回の当選は
BIGかREGかを書いていますね。

ちなみに前回はBIG、
その前もBIG、その前はREGになります。

OKですか?^^

さらに一番左側を見ると、
赤い棒の上に緑の棒があることが分かります。

この緑の棒は、
当選したゲーム数について示しています。

だから一番左のグラフが示しているのは、

「1回前の当たりは大当たり、
 その当選したゲーム数は、
 0~99G以内で当たった」

ということです。

左から2番目も同じです。

左から6番目は

「6回前の当たりは大当たり、
 その当選したゲーム数は、
 600~700Gで当たった」

ということです。

データカウンターの見方をまとめると

1.今のゲーム数⇒82の緑の数字
2.大当たり回数⇒赤色の20という数字
3.小当たり回数⇒オレンジの10という数字
4.当たり履歴グラフ⇒右下のグラフ

になります。

以上が画像による
必要最低限のデータカウンターの見方でした。

ここの部分を知っておかないと
今後パチスロで稼げませんからね(^^ゞ

データカウンターによっては
少し見方が違いますが、
基本の見方は同じです。

ぜひ稼働時にご活用ください^^

続きはこちら>>


以下のオリジナルレポートでは
スロットで稼ぐための方法を
さらに具体的に解説しています。

【期待値とは何か?】から
スロット初心者の方でも理解できるよう
1から丁寧にお話しています。

さらに今なら期間限定で
無料で設定狙いの狙い台のつけ方や、
そのほか多数のプレゼントを用意しています。

ぜひ受け取ってください^^
↓↓↓