今回の講座では

”データカウンターの見方”

についてお話します。

パチンコ屋さんに数回くらいしか
入ったことがないほど、
本当の初心者さんに向けです。

データカウンターの見方が分からないと
稼げるものも稼げないので
重要なことだと思って書いています。

それではご覧ください^^

目次(クリックで該当箇所にジャンプ)

データカウンターの見方

パチスロで稼ぐために
最低限必要な知識として、

データカウンターの見方を
覚えるのは非常に大事です。

ホールごとにデータ機の種類は違いますが、
基本的には見方は一緒です。

実際のホールに設置されている
データカウンターの写真を使って
説明していきます。

パターン①

まずはこちら。

丸で囲ってあるのが今のゲーム数です。
現在は82Gですね。

スロットを1回転回すと
ゲーム数カウントが1増えます。

すると回転数は83Gとなります。

今後は左側の「赤色の20」の数字。
これは大当たり回数です。

大当たりは”BIG BONUS”ともいうので
データ機によっては略して「BB」と
書かれているパターンもあります。

機種にもよりますが大当たりを引くと
大当たり回数が1カウントされ、
同時にゲーム数が「0」にリセットされます。

真ん中の上側の「オレンジの10」の数字。
これは小当たり回数です。

小当たりは”REG BOUNUS”ともいうので
略して「RB」と書かれています。

これも大当たり同様に、小当たりを引くと
小当たり回数が1カウントされ、
同時にゲーム数が「0」にリセットされます。

こちらの四角で囲ってある部分は
「当たり履歴グラフ」になります。

左から右へ前回の当選は
BIGかREGかを書いていますね。

ちなみに前回はBIG、
その前もBIG、その前はREGになります。

OKですか?^^

さらに一番左側を見ると、
赤い棒の上に緑の棒があることが分かります。

この緑の棒は、
当選したゲーム数について示しています。

だから一番左のグラフが示しているのは、

「1回前の当たりは大当たり、
 その当選したゲーム数は、
 0~99G以内で当たった」

ということです。

左から2番目も同じです。

左から6番目は

「6回前の当たりは大当たり、
 その当選したゲーム数は、
 600~700Gで当たった」

ということです^^

パターン①のデータ機の見方をまとめると、

1.今のゲーム数⇒82の緑の数字
2.大当たり回数⇒赤色の20という数字
3.小当たり回数⇒オレンジの10という数字
4.当たり履歴グラフ⇒右下のグラフ

になります。

それでは違うパターンのデータ機も
見てみましょう!

パターン②

それではこちらのデータ機を見ていきましょう!

赤い四角で囲ってあるのが今のゲーム数です。
現在は37Gですね。

こちらもパターン①と同様に
1回転スロットを回すと
ゲーム数カウントが1増えます。

すると回転数は38Gとなります。

今度は「赤色の2」の数字。
これは大当たり回数です。

機種によって変わりますが
ほとんどのスロットは
大当たりに当選すると
こちらの赤色の数字が1カウント増えます。

パターン①と比べてみると、
若干データ機の見方は違いますが、

表示されている内容は
ほとんど同じことが分かりますね^^

一度データカウンターの見方さえ分かっておけば
あとは応用できるということです。

以上が画像による
必要最低限のデータカウンターの見方でした。

ここの部分を知っておかないと
今後パチスロで稼げませんからね(^^ゞ

スロットを打つときは
必ず確認しておくようにしましょう!

ゆうべる
まずはデータ機を見るのが最初の第一歩!

それでは次の講座では、
天井狙いで稼げる仕組み、
についてお話します。

あなたはこの仕組みを学ぶと

初心者でも結果の出る
立ち回りを知ることができ、

好きなとき、好きな時間にホールに行き、
パチスロで稼ぐことができます。

この仕組みを学んで
パチスロで勝っていきましょう!
↓↓↓