さて、今回からは少し掘り下げて
【期待値】について書いていきます。

パチスロを打ったことがある人なら
一度は聞いたことがあるフレーズですね。

でももしかすると
聞いたことないという方も
なかにはいるかもしれません。

安心してください。

今回は期待値という言葉を
初めて聞いた方でも
分かりやすく解説していきます^^

あなたは期待値を知ることで、

なぜ今まで稼げなかった理由が分かり、
今後パチスロで稼ぐためには
期待値が必要ということが分かります。

それではご覧ください^^

期待値を制する者はパチスロを制す

パチスロで稼ぐためには
期待値について絶対に学ぶ必要があります。

期待値を学ばないと
むしろパチスロで稼ぐことは
不可能ということです。

なぜなら僕自身も負け組時代の時は
期待値のことを全く理解していなかったからです。

ここの部分をまったく学んでいなかったから
僕は稼ぐことができなかったのです。

実際に期待値というものを知る

それでは実際に期待値というものについて
じっくりとお話していこうと思います。

▼期待値とは▼

確率論において、期待値(きたいち、英: expected value)は、確率変数の実現値を, 確率の重みで平均した値である。 例えば、ギャンブルでは、掛け金に対して戻ってくる「見込み」の金額をあらわしたものである。
引用:Wikipedia

この説明だと少し難しいので
分かりやすく説明します。笑

まず頭の中にサイコロをイメージしてください。

サイコロの1~6の数字は
すべて同じ確率で出現します。

振ったときの運の要素によって、

小さい目が出たり
大きい目が出たり
目が片寄ったり、

色々な数字が出てきますが、
結局は平均値に落ち着きますよね。

試行回数を重ねれば重ねるほど、
平均値に落ち着いていきます。

1~6の目の平均は、

(1+2+3+4+5+6)÷6=3.5

平均の目は3.5、
つまり期待値は3.5になります。

では実際にサイコロがあれば
サイコロを何回か振ってみて、
その合計を振った数で割ってみて下さい。

5回振ったトータルが20だったら、
20÷5=4.0

10回振ったトータルが33だったら、
33÷10=3.3

となります。

何回もサイコロを振り、
試行回数を重ねれば重ねるほど
期待値3.5に近づくことが分かると思います。

でも10回程度だったら
平均2.0だったり、
5だったりするかもしれません。

その場合でも、
そこからさらに試行回数を繰り返し
100回、200回と繰り返すと

いずれ平均の3.5に
近づいて行くことが体感できますよね。

実は期待値もこれと同じことが言えます。

期待値のある台を打って行けば、
最初は負けてしまうかもしれないけど、

回数を増やしていえば、
絶対に稼げてしまうということです。

OKですか?^^

パチスロで稼ぐためには
「絶対に期待値を追う」
ということを考えてください。

これは稼ぐためには
絶対に必要な条件です。

しっかりと期待値を理解し、
実際に期待値を取ることができる
行動することによって、

仕事帰りのちょっとした時間でも
お小遣いが増やすことができます。

すると美味しいものを
食べることができたりしますよね。

むしろ期待値を知ることで、

「今日は遊ぶからプラマイゼロで打つ」

「今日はガッツリ稼ぐから
 期待値をしっかり狙おう」

とその日の気分によって
稼ぐ額を使い分けることができます。

そうなるためにも
今回お話したサイコロの話は
絶対に頭に入れておいてください^^

ゆうべる
プラスの期待値をたくさん取ることでパチスロで勝てるようになります!

次は期待値を探すための
最強の立ち回り法についてお話します。

期待値の重要性は分かったので、
この立ち回りを覚えて、
パチスロで勝っていきましょう!
↓↓↓